これでも、確実に節約生活の効果はあり、毎月3万円以上の節約ができています。


収入も、やっと回復。

とは言っても、私の場合は月収よりボーナスの比重が高く、リーマンショック前は年間6ヵ月分(3ヵ月分が年2回)のボーナス。

それが、0円になってしまったこともあるので、生活苦になるほどの収入減でした。

これがあってからは、ボーナスは業績連動となり、現在は1ヵ月が年2回と5月に決算賞与と支給方法が変わりました。

今年は、1ヵ月分の賞与が年2回支給され、5月の決算賞与は、1.5ヵ月分と、年間3.5ヵ月の賞与まで回復。

過去は年間6ヵ月分だったので、まだまだ以前の年収には戻っていませんがだいぶ楽になりました。

所が、報酬は増えても、それを超えて出費が増えているのです。

節約しても、収入が増えても焼け石に水、またもや臨時出費です!

それなのに、焼け石に水です。

娘っ子、進学校に通っている子は、学費で苦労しているのに今は家庭教師を頼んでいます。

進学校なので、授業についていくのが大変になり、家庭教師となりました。

通常なら塾に行かせるところですが、塾とは違い家庭教師は定期的ではなく、試験前だけとか必要な時だけ頼むことも出来るので、家庭教師をたのみました。

これだけでも、収入増の分は消えてしまいます。

さらに、高校2年生の夏休みとなるので、部活の合宿があり、5万越えの請求が。

これは娘二人なので、10万円越えとなります。

さらに、美大にとか言っており、美術予備校の夏期講習に行かせろとの事。

絵ならパパが教えると言っても、受験は別だとの事で、すいどーばた・お茶美・新美が希望のようです。

それより、朝日広告賞など素人でも応募できる広告賞に応募して、入賞できれば美大の特待生を狙えるのですが、この様な裏技的な話は聞いてくれません。

なので、海外旅行は無理な感じ。

せっかくもらった10万円のJTB商品券も金券屋に売るしかなさそうです。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ
None