健康診断の結果でγ-GTPの数値が200を超えてと悩んでいる方の投稿を見かけますが、私の場合は問題ない数値です。


20代の頃は、健康診断でγ-GTPが100を超えたら再審査となりましたが、50代になるとそのようなことはありません。

私の場合、40代で一番忙しく仕事をしていた特に、γ-GTPが600を超えた事があります。

深夜まで仕事をして、その後が接待などで飲みに行く事が続いてしまい、お酒を飲まない日が無い状態でした。

γ-GTPが600超えはさすがに問題で、医者に相談しそれから週3日の休肝日を。

休肝日を作るだけで、半年後にはγ-GTPは200以下に回復。

その後は、100~300の間で推移しています。

γ-GTPを気にされている方が多いいですが、問題になるのはGOTやGPTの数値のようです。

γ-GTPが200超え!これは驚き、嬉しい数数値です。

現在のγ-GTPは212です。

GOTはやや高めで46(基準値は10~40)、GPTは45で基準値(5~45)です。

仕事が忙しくなり、週3日の休肝日が週1にとなってしまい、γ-GTPが300まで上がっていたのですが飲むお酒をワインに変えたら、週1の休肝日でもγ-GTPが212に下がりました。

休肝日が減ってしまい、悪い数値になると思っていたら驚きで、212に下がったのです。

ワインを毎日少量飲むことは健康にも良いことのようですね。

それが少量ではなく、ボトル1本になってしまっては良くないことなのですが。

現在週1の休肝日でγ-GTPは212。

健康のためにも、もう少しγ-GTPの数値を下げたいです。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ