娘の大学進学で、一人1,000万円以上掛かる現実を知り、途方にくれています。


娘二人なので、必死で節約しても焼け石に水。

現実は、奨学金を借りてもらうしか、大学に行く道はなく、情けない親だと反省しています。

ここで思うことは、1,000万円以上の出費で大学に行く意味があるかと言うこと。

自分の経験から考えると、答えはイエスです。

ただし、大学に進学するからには、本気で勉強することが条件ですが。

私の場合は、中小企業からの転職で今の会社に契約社員として入社。

その後正社員となり、正社員なら残業手当が付くのです。

過去最高は、残業手当が約月50万円。

ですが、中途採用なので、1年後には残業手当がつかない役職となってしまいました。

それが、大卒での入社なら残業手当が付くので、1,000万円なら十分元が取れます。

このような会社に入れるのかが問題ですが、今はチャンスだと聞きました。

30代の頃、先輩が電通に転職。

その給料を聞いて驚き。

30代で年収1,200万円です。

この電通など、広告代理店への就職が今はチャンスとか!

それはブラック企業問題です。

ブラック企業大賞2016を見ると、電通が大賞に!

これが大きな間違え。

他のブラック企業同様に、電通など広告代理店は残業時間も多く業務内容もきついのですが、その分がちゃんと給料に反映されるのです。

ワタミなどの居酒屋とは大違い。

新卒でも、月50万円くらいの手取りになるのです。

これを考えると、ブラック企業ではないと思うのですが。

私の務める会社には、美大の教授をやられている方がいるのですが、その方に聞いたらブラック企業問題で広告代理店への就職を希望する学生が激減したとのこと。

広告代理店の就職すれば、タレントにも会えるし高収入なので以前は大人気。

美大でも成績上位の優秀な生徒だけが就職できる人気業種。

就職説明会でも教室に入れないほどのの人気業種だったそうですが、今は就職説明会に20~30名程度しか集まらない不人気業種になってしまったとか。

テレビのニュースでも広告代理店はブラック企業と避難されていたので、この状態に。

報酬の多いい企業のランキングを見てみると、M&Aなどのファンド系やテレビ局、商社、大手不動産が上位。

大学進学で元は取れるの?ブラック企業を見極めればチャンスです!

電通も30代で年収1,300万円と上位に入っています。

テレビ局や広告代理店は、番組やCM制作でタレントさんと会える仕事。

タレントさんのスケジュールなどもあるので、残業は多いいですがその仕事が好きならやり甲斐があるというか楽しい仕事だと思います。

それなので、美大に行きたいと行っている娘に、広告代理店に就職しやすくなっているので、奨学金を借りてももとが取れるぞと行ったら?

私が大学を卒業して就職する時には、みんな気づいているはずで、間に合わないというのです。

確かに、今の学生はネットなどで多くの情報が入るので、ブラック企業問題も電通など広告代理店名別だというこがわかるでしょうね。

今年は唯一のチャンスなのではと思います。

ブラック企業のイメージは、死ぬほど残業してアルバイト程度の給料。

これが残業すれば、水商売のような高額残業手当がもらえるのですから。

↓訪問もありがとうございます。以下のランキングもお薦め、凄いですよ↓

にほんブログ村は、ランキングナンバーワンサイトです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人気ブログランキング は驚き!
ここまで酷い内容はありえなく架空ではと、掲示板でも話題です!



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ