今年も確定申告が始まりました。


サラリーマンの場合は、会社で年末調整で行っているので、基本的には確定申告をする必要はありません。

ですが、1年間に医療機関に支払った金額が10万円を超えた場合(同一生計の配偶者や親族の合計)や、副業での所得合計が20万円を超えた場合などは確定申告が必要です。

私の場合も母と同居しているので、医療費控除の事などがあり、毎年確定申告しています。

昨年の医療費は、私の保険の分(妻と娘二人含む)だけで9万円越え。

これは、保険組合から送られてくる案内に書かれていた数字で、昨年私が医療機関に支払った金額です。

これに以外に母が医療機関に支払った金額の合計なので、楽に10万円を越えます。

79歳の母などは、ほぼ毎日と思えるくらい医者に通っていますから。

その内容も、体調が悪いからだけではなく、マッサージや青汁の処方、耳の聞こえが悪いからと耳掃除?みたいな感じです。

薬局で薬を買うより暇なお年寄りは、医者に行った方が安く済むからですね。

それにしても行く回数が多すぎ。

笑い話にある、医者の待合室にいるお年寄りの会話、「今日は◯◯さんが、来ていないけど、病気にでもなったの?」これは現実の話みたいです。

それと、副業での確定申告もあるので。

いずれも領収書が必要なのですが、あると思った領収書が見つからないのです。

整理整頓ができないと、節約生活にはマイナス、また見つからないのです。

私の場合は高血圧で月1回通院しています。

これは医者の領収書と薬局の領収書が1年なので12枚あるはずなのですが、数枚足らないのです。

副業も、自宅でのPC作業なので、10万円以下のパソコン用品は経費として計算できるのですが、これまた領収書が見つからないのです。

きちんとしまったつもりなのですが、領収書といってもレシートなので、スーパーのレシートと一緒に誤って捨ててしまった可能性も。

これなので、確定申告に行くまでは部屋はぐちゃぐちゃ、レシート探しです。

↓辛い環境での頑張りや、参考になる情報が、これ程とはビックリですね↓

にほんブログ村 節約・節約術ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人気ブログランキングは、驚きです。


↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ