年末年始は何かとお金がかかるのですが、このしきたりを一考すれば節約効果は大きいです。


今、年賀状作成で苦労中。

デザインは出来たので、住所録の整理中。

年賀状は、以前は200枚位出していましたが、数年前か数を減らすべく整理しています。

仕事関係でなどでの付き合いの整理が中心。

10年以上前に一緒に仕事をして年賀状だけの付き合いのような方は住所録から削除。

友人なども、10年以上合っていなく、今後も会うことがなさそうな方は削除しました。

年賀状も、今は住所録から一括印刷なので、このようなことになっているのですね。

年賀状を50枚減らせれば、2,600円の節約です。

100枚なら5,200円。

年末年始のしきたりを一考すれば、節約効果は大きいのですが問題多いです。

以前は旧友とも年賀状だけという考えがありましたが、いまはFacebookがあるので。

20年以上交友がなかった友人とも、Facebookがきっかけで再会したこともあります。

それと比べ、年賀状はそのようなことはないので付き合いがなくなった方は削除。

この効果節約効果は大きいです。

また、お年玉も問題。

私個人からの娘へのお年玉、高校性になったのだから5,000円では少ないと妻が言うのです。

母も、娘が高校性になったのだからお年玉として1人10,000円を上げたいから、家に入れている生活日を2万円減額してほしいと。

これは全ておかしいです。

この話の内容だと、生活費から3万円も娘にあげろということ。

さらに、 姪((弟の娘)にも。

これのやりくりが面倒。

無駄な出費は抑えたいのですが、ケチには思われたくないので。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ