薬は怖いです。以前薬疹になり全身に発疹ができ危ない目に会いました。


その時は花粉症がひどく、私に母が医者で処方された薬が効果あるとそれを飲んだのが原因でした。

突然全身に発疹ができ、家の近くの医者に行ったのですが原因不明で様子見。

その症状がひどくなり、会社近くの医者に行ったら皮膚科を紹介されました。

皮膚科に行くと、これは薬疹とのことた。

症状がひどいので、強い薬を処方されましたが、その薬のおかげですぐに治りました。

他人に処方された薬を安易に飲むくことは問題で、下手をすると死に至ることもあると散々怒られました。

このことがあり、市販薬ではない医者から処方される薬は怖いと思っています。

ですが最近は、処方される薬の詳細のプリントが発行されるので、余った処方薬はそのプリントと一緒に保存しています。

薬の節約は、節約効果は大きいのですが一歩間違えれば死の恐れが! 

さらにお薬手帳もあるので、過去に処方された薬の内容も確認できます。

私が薬疹になった時は、どんな薬なのかも解らず母に処方された薬を飲んだのが原因。

しかも、その薬は問題があったようで、母がその後に医者に行ったとき、この薬は問題があるのでと違う薬を処方されたとのこと。

それをすらずに飲んだので問題が起きたのです。

80歳近い母なので、薬が多数残っています。

私は高血圧のため毎月医者に行っているのですが、今月は仕事の都合で医者に行けていません。

薬が切れたので、母の薬を見せてもらうと今飲んでいる薬とは違いますが、以前飲んでいた薬がありました。

薬の節約は、節約効果は大きいのですが一歩間違えれば死の恐れが!2 

この薬なら問題ないので、それをもらい来週医者に行けるまではこの薬で対処します。

数ヶ月前に、高熱でダウンして医者に行ったときも、以前インフルエンザになった時にこの薬を処方され、余っている薬があると伝えるとその薬を飲んでくださいとのこと。

同じ症状で、薬が余っていれば医者に行かなくてもその薬を飲んで対処することが出来ます。

熱を冷ます薬とか、痛みを和らげる薬とか書かれていのので。

それなので、薬の節約は大きいです。

金額だけでなく、医者に行く時間の節約のほうが大きいですね。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ