これは、高等学校等就学支援金制度(新制度)です。


国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税所得割額が30万4,200円(年収約910万円未満)の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金が支給される制度です。

私立高校の場合は、月額9,900円。

これがやっと支給されました。

私立高校の学費、237,600円が戻ってきました!ですがこの制度はおかしいですよね。


私立高校の場合は、4月に前期授業料、10月に後期授業料の支払い。

高等学校等就学支援金制度があるので、授業料が軽減されるのかと思っていたら、それは無く満額の支払い。

詳しい説明もなく、高等学校等就学支援金制度はどうなっているの?

世帯年収での計算で対象外?と心配していたら、やっと支給されました。

1人118,800円の支給なので、我が家は二人なので237,600円です。

でもこれっておかしくないですか?

この237,600円を事前に支払い、11月末に戻ってくるのです。

始めから授業料が減額され、10月の後期授業料支払い時にその分がマイナスになるべきです。

学費に対してなのですから、個人へ戻るのではなく学校へと思います。

237,600円が口座に入っていたら、それを遊びで使ってしまう親がいるかもしれないですよね。

私はしっかり来年度の授業料にと貯金しています。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ
None