ベルトは、現在ユニクロの商品を愛用、定価は高いのでセールでの購入です。


これが、20年前は今から思うと、とんでもない高価格で購入していました。

GUCCIやフェンディーなどのブランド品で、2~3万円での購入です。

その当時、スーツはアルマーニ、バックはヴィトン。

靴はフェラガモで小物はGUCCI。

ブランド品で身を固めていることがカッコよかった時代。

そのくたびれたベルトがあったので、もったいないので再生しました。

なんであんな高価格で買ったんだろうと思う商品、もったいないのでリサイクル。

ベルトはバックルがブランドの象徴。

バックルを活かして、革ベルトの交換です。

なんであんな高価格で買ったんだろうと思う商品、もったいないのでリサイクル。2

GUCCIはハンズでベルトの革のみが売られていたのでそれを利用。

フェンディーは、過去に購入したノーブランド商品の利用。

なんであんな高価格で買ったんだろうと思う商品、もったいないのでリサイクル。3

傷だらけで汚かったバックルを、コンパウンドで磨き、再利用のために使うベルトは新規穴あけ加工。

これで、ほぼ新品のように、蘇りました。

現在は、3,000円でも高いと思っているベルト。

これを数万円で購入していた時代が信じられないですね。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ