見ない、聞かない、言わないといえば、「見ざる聞かざる言わざる」ということわざがあります。


有名なのは、日光東照宮の神厩の壁面にある三猿。

これは、「自分に都合の悪いこと、人の欠点や過ちなどは、見ない、聞かない、言わないのが良い」という意味。

子供たちに、悪いことを見ない、悪いことを聞かない、悪いことを言わないようにするという教訓なのだそうです。

見えない、聞こえない、言えないの3重苦

見ないように、聞かないように、言わないようになら良いのですが、見えない、聞こえない、言えないは辛いです。

私は目は良かったので、視力は2.0でした。

40代の時に、老眼は作りましたがほぼ使用していなく、暗いところで本を読むときなど限られた時だけ。

それが50代になると、日常でも小さな文字が見えなくなり老眼が必要に。

また、車の運転も昼間は問題ないのですが、夜は見づら暗るので遠近両用のメガネを作っています。

ところが、これが慣れないので、見づらいのです。

メガネは慣れが必要で、メガネに抵抗がある場合は、遠近両用のコンタクトの方が見やすいそうです。

コンタクトなら、視野角全てが改善されるからですね。

ですが、コンタクトは節約生活には厳しい選択、割高なのです。

聴力も、補聴器屋さんで測定し、私に合わせ調整してもらいました。

ところがこれも、低音は問題なく高音の聴力だけが低下しているとのこと。

補聴器で高音だけを増幅すると、雑音も増されてしまい聞きづらい状況になるとのこと。

その設定で試したら、言われたとおり日常生活には適さない感じ。

なので、わずかに増幅する程度に設定してもらいました。

これなので、聞こえがあきらかに良くなることはなく、やや聞こえやすくなった程度の改善。

使っていない母hの補聴器があったので、それを調整してもらったのですが、補聴器は高額(以前25万と書きましたが22万円の商品でした)なので、私の場合はまだ補聴器を購入するレベルではないとのことでした。

言えないは、まだ家族(妻)とは距離をおいています。

私がなにか言うと、すぐに喧嘩になり、私が悪者にされるので。

しかも、妻・娘二人・私の母と、いえの女子4人で私を攻めるので。

これなので、私は見えない、聞こえない、言えないの3重苦なのです。

私が我慢して、悪者になっているしかない状況です。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ