娘二人を私立の女子校に行かせ、これは数百万円の借金を背負っているのだと実感しました。


おおよその金額ですが、一人は入学金40万円+年学費75万×3。

これは中高一貫校なので、中学校時代も同様な金額が発生しています。

もう一人は、入学金20万円+年学費55万×3。

この金額の差は、お嬢様学校と普通の女子校の差ですね。

お子様が中学受験を頑張って、名門女子校に合格しても、その後親が大変です。

ちなみに、友だちの親で会社員なのは私だけ、みな自営です。

お店を経営しているか、会社を経営しているか、お医者さんかと言った感じ。

この学費の支払い、貯蓄がある方なら問題ないのですが、サラリーマンで毎月の月収の支払いだとローンを組んでいるのと同じ状態。

数日前、風邪で寝込んで思ったことです。

症状がひどくこのまま死んでしまうのではと思うくらいでした。

以前、会社の業績が最悪で、このまま授業料を払い続けるのは無理だと思い、学校をやめさせる事を本気で考えました。

その時の本音は、今行っている私立高校よりランクを下げれば、中途からでも公立高校に行かせられるのではと思っていたからです。

ところがそんな甘い感じではなく、定時制の高校しか転校できる学校はなかったのです。

これが、私が死んだとか失業して収入がなくなったのなら別なのですが。

収入的には人並み。

住宅ローンの支払いで苦しんでいる場合は対象外。

最低限の生活が厳しい場合にしか補助はないのです。

ちなみに、在校生の家庭がその状況になれば、私立高校も授業費の支払いを免除してくれるようです。

これなので、借金を背負っているのと同じ。

  子供を私立の学校に行かせることは、数百万円の借金を背負うこと!

塾なら金銭的に厳しくなれば辞めればいいだけ。

高校の場合は、子供の将来にも影響するので、安易に辞めさせることは出来ないのです。

お子様の進学を控えている方は、私立校にお子様を行かせる場合、上記のようなことがあるので、もう一度じっくり考えてください。

同じ都内の女子高でも、お嬢様学校と普通の女子校では遊び方も違います。

お友達と一緒に、昼間の安い時間にカラオケに行って遊ぶのと、高級タワーマンションのゲストルームにみんなで泊まって遊ぶのとの差です。

私は娘が好きなので、自分の趣味などを全て犠牲にしてなんとか頑張っていますが、まだ先は長いです。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ
None