日本の借金は「国民1人あたり800万円」。


800円ではなく800万円で、生活保護を受けている方も含め1人あたり800万円の借金です。

これは、平成26年の財務省のデータなので、今はもっと増えていると思われます。

借金が当たり前の国政が問題?お金を借りなくては暮らせない日本はおかしいですよね。

車を買う場合もローン。

家を建てる場合もローン。

日本で暮らす場合、お金を借りることが当たり前。

車や家を買う場合のローンはしょうがないとは思いますが、お金を貯めて使うのではなく収入を予定してローンを組むのが現実。

銀行も、半沢直樹のドラマを見て分かったのですが、金貸しが本業。

過去問題になったサラ金王手はすべて大手銀王の傘下になっています。

これが現実なので、大学進学の為の奨学金も当たり前。

社会人になる時に800万円のローンでスタートなんて通常自己破産レベルの借金からが当たり前

これはおかしいですよね。

NHKが大学進学の為の奨学金の特集をやっていましたが、そもそも金銭的余裕のない方がお金を借りているので、アルバイトなどでお金を稼ぐ必要があり授業に障害が!

学費を稼ぐために働き、授業がおろそかになり学校をやめる方が多数いるとの内容。

何の為に、借金してまで大学に行ったのかとの話。

その番組に出ていた方たちには?

もっとやりようがあったと思います。

このローンでお金を借りるのが当たり前の日本が問題では?

家も娘の大学進学、全額を払うのは厳しく、一部を奨学金にし、本人負担と考えています。

これなので、若い子はお金を借りる事に抵抗がなくなってしまうのでしょうね。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓




↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ