ダイキンの実験でエアコンの節約方法の噂が実証されました!


この実験は、8月の猛暑日に、大阪の築10年・南向きマンション2部屋で検証された結果です。

エアコンは切るより「つけっぱなし」がお得という噂は本当だったのです。

この猛暑で気になる電気代、エアコンは切るより「つけっぱなし」がお得が実証されました!

この実験は、日中30分の外出です。

エアコンをつけっぱなしにするのと、こまめに入り切りするのでは、どちらが安くなるかの検証。

同じ間取りの2室を使い、"つけっぱなし"と、"30分ごとにオン/オフを繰り返し"とでの比較データです。

電源つけっぱなしは温度が安定してるのですが、オン/オフを繰り返すと、せっかく下げた室温も、オフにすることで上がってしまい、また冷やすという繰り返しになりより多くの電気を使ってしまうのです。

ダイキンの説明だと、エアコンは、運転を開始した直後電力を多く消費するとの事で、つけっぱなしの方が消費電力量を抑えられるという結果なのです。

ですが、気になるコメントも。

時間に関係なくいつでも「つけっぱなし」にするのは逆効果とのこと。

朝から晩まで何も考えずにエアコンを「つけっぱなし」にするのは、やはり節約にはならないとのことですね。

私はこのうわさを聞いて勘違いしていました。

朝から晩まで何も考えずにエアコンを「つけっぱなし」に近い使い方でした。

これでも、以前より電気代は節約になっているのですが、エアコンを「つけっぱなし」にするにしても、その時間を考えて利用すればさらに節約になるのですね。

その詳細データがダイキンのページに出ています。

気になる方は、事らでご確認を↓
日中30分の外出ならエアコンは切るより「つけっぱなし」がお得でした!


↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ