以前は、毎年給料が上がるのは当たり前、それで住宅ローンを組んだので厳しい現実となっています。


私が家を新築した当時は、年収650万円。

50歳代になれば、楽に年収1,000万円超えになるだろうと思い、限度額のローンです。

この予想どうりに年収は増えなく、会社の業績悪化で年収ダウン。

この住宅ローン返済だけでも苦しい現実なのに、娘二人が私立の女子校進学と悪夢のような状態です。

年功序列が無くなリ、今は成果での評価となってしまいました。

これが問題で、評価するのは年下のプロパー社員。

警察官などを例にすると、キャリア組みたいな感じ。

一流大学出身で新卒入社した社員の方が若くして出世するのです。

なので、私の上司も10歳位年下です。

これなので、新しい仕事は全て使いやすい若手社員に回され、私にくる新規案件は0です。

それで人事面接時には、仕事が少ないからと評価を下げられてしまうのです。

これではやっていられないですよね。

なので、年功序列が無くなった今、50代のサラリーマンは会社内での営業活動が必要になるのです。

過去の仕事で、面倒を見ていた若手社員が今や第一線になっています。

そこから仕事を回してもらい実績を挙げないと、評価にならないのです。

私は、若手社員をばかにすることなく可愛がっていたので、そのことが多少有り今回も新規仕事を回してもらい、数年ぶりに忙しい日々となりました。

その仕事には、もっと若い社員も参加しており、意味不明な発言もありますが、怒らずにニッコリ無視。

年功序列がなくなった今は、教務上も年齢は関係ないくなり、若手社員はやりたい放題。

なので、若手社員に対し上から目線で対していたら未来がないですね。

この若手社員と仲良くすることで、今後助けられる日も来るのでしょうから。

以前との違いは、今はネット社会になり、若い子でもいきなり企画打合せにも入れ、参考になる発言ができるように変わったていますが、逆に50台にもチャンスが。

90年代アイドル

ターゲット的に見て、以前は50歳代は単なる年寄り扱いだったのが、今やボリュームゾーンに。

これがわかるのは、テレビを見ていてもかつてのアイドルの出演が多いことですね。

これを活かし、若手社員と組むことが50歳代社員にとって重要な事だと思います。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ