かかとのすり減った靴や、骨の折れてしまった傘は、そのままでは使えないですよね


形は崩れていなくても、かかとがすり減ってしまった靴は、恥ずかしくて履けないですよね。

骨の折れてしまった使えません。

私は、お風呂や洗面所の水筒などもDIYで交換していすが、簡単な事でも主婦が挑戦するには難易度が高いと思われます。

でもこの工賃節約は効果大きいですよ。

以前キッチンの水筒をネットで調べたら、ハウスメーカーでの見積もりが10万円近かったのですが、ほぼ半額で交換でき満足していました。

ですが、格安業者でも工賃は15,000円です。

自分で交換すればこれが浮くのですから。

主婦でもできる、簡単メンテナンス。


パパの仕事として、自分の靴のメンテナンスと一緒に、娘の靴も磨いていました。

ですが問題なのはかかとのすり減り、見た目は綺麗なので、これで捨ててしまうのはもったいないですよね。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。4

こちらは私の靴で、しゅうせいずみ。

この様にすり減りはほぼ新品状態に補修可能です。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。5

約1,000円の、この補修ボンドで、複数の靴の補修が可能なので経済的です。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。6

これが問題の娘の靴です。


娘の靴は贅沢なことにリーガルなのです。

中学入学の時に、ハルタの靴は幅が広くサイズが合わなかったので、親としては泣く泣く購入したリーガルです。

ハルタなら5,000円くらいですが、リーガルは3倍以上の金額。

娘の足に合うサイズの靴はその時はリーガルしかなかったので、なんて不経済な足なのだと思ってしまいましたす。

ですが今となってはさすがリーガル、3年以上はいたのでかかとはすり減っていますが、見た目は綺麗なのです。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。1 

これで分かりますか?

約3分の1ほどすり減っていましたが、この様に新品状態になりました。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。3

高い靴でしたが、運が良いのか悪いのか、娘の足の大きさも変わらなかったので、4年目突入です。

今は、ハルタの安い靴と交代で履いています。


靴だけではなく、傘の骨が折れても簡単に直せるのです。



靴以上に、傘の骨が折れたら捨ててしまう方多いですよね。

それは非常にもったいないことなのです。

この様な補修パーツが数百円で売られており、靴より簡単に修理できます。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。7

こちらは、僅か数百円です。

パパの節約はDIYが基本。買い直すか、直せるか知恵を絞る事が重要。8

これを傘の折れた所に取り付けるだけで、傘の修理は完了です。

この様な簡単な作業で、買い替えを防げるのです。

これなら主婦の方でも簡単、非実行してみおてください。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓辛い環境での頑張りや、参考になる情報が多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓ここまで悲惨な状況の方がいるとは驚きです↓



関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ