イチゴもこの方法なら価格を気にせず自由に使えます。


苺はまだ高いですよね。

本来の収穫時期は初夏なのですが、クリスマスなどもあり12月の消費は多いのです。

なので、12月に出荷される苺はビニールハウスの苺。

家庭でも、ビニールハウスで温度を管理すれば12月に収穫できますが、それが手間とお金がかかります。

そもそも苺はトマトやきゅうりなど一般に家庭菜園で栽培されているものより簡単で強い植物なのですが、難しく思われているようですね。

家庭菜園は節約しながらも贅沢が!、苺の例を紹介します。

苺は、ほんとに手間は掛かりません。

冬でもこのように実がなります。

家庭菜園は節約しながらも贅沢が!、苺の例を紹介します。2

また、ライナーで増えるので数株植えてあれが、その翌年は10倍以上に増えます。

家庭菜園は節約しながらも贅沢が!、苺の例を紹介します。3

鉢植えだと土の管理が重要になるのですが、それが出来ていない場合は実が小さくなるだけ。

小さくても収穫が多ければ問題なし。

初夏になると、ザル一杯の収穫が数日続きます。

これなら、ジューサーでイチゴジュースにしたり、凍らせてアイスにシたり、ジャムにしたりと使い方は自由。

買った苺ではもったいなくてこのような使い方はできないですから


皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村




関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ