定年までの蓄えとして、最低限必要な金額は3,000万円といわれています。


でも今の生活では、定年までに3,000万円の貯金なんて不可能な話。

年金でもらえる金額は、最低限生きていける金額。

サラリーマン夫婦二人がもらえる平均的な年金受給額は月額約22万円で、レジャーなどの余裕は一切ない金額なのです。

普通に暮らしていくための平均が月35万円。

月に13万円の収入があれば、3,000万円の貯金がなくても平均的な暮らしができるのです。

老後の生活費は1億円が必要!そんなお金どうすればいいの?

なので、預金のない方は生涯働く続ける必要があるのです。

定年後に仕事なんかあるのかと思ったら、「シルバー人材センター」があるのです。

老後の資金不足を補う最も有力な方法です。


このシルバー人材センターは全国にあります。

定年後が心配と思ったら、今は80歳まで働ける時代なのですね。

シルバー人材センターは、高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に、地域社会の活性化に貢献することを目的とした、社団法人で、市(区)町村単位に置かれ、都道府県知事の許可を受け独立した運営をおこなっています。

提供されている仕事は、清掃、除草、自転車置き場管理、公園管理、宛て名書き、植木の剪定、 障子・襖張り、福祉・家事援助サービスなど。

また、現役時代の経験を生かせる、学習教室の講師や翻訳・通訳、パソコン指導といった仕事もあるようです。

シルバー人材センターの仕事で得られる報酬の例が紹介されていました。

●一般事務 1000円~(1時間)
●パソコン入力 1200円~(1時間)
●ビル・マンションの清掃 1000円~(1時間)
●駐車場などの施設管理 1000円~(1時間)
●高齢者向け福祉サービス 1000円~(1時間)
●家事援助(食事作り、洗濯、室内清掃など) 1100円~(1時間)
●パソコンレッスン(出張サービス) 3000円~(2時間)
●語学レッスン(英語) 1500円~(1時間)
●庭・プランターの草取り 1500円~(1時間)

シルバー人材センターでは、「一定した収入保障はありませんが、全国平均で月8~10日就業した場合、月額3万~5万円程度になります」と紹介されています。

月4万円で考えると、夫婦なら月間8万円。


月35万円との差は13万円から5万円に下がります。

残りの5万は、3,000万円は無理でも、多少の貯金と節約でカバー。

こうすればなんとか普通に生きていけますね。


皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村





関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ