家計簿をつけているのですが、それはこの先1年後までの計算。


その先、定年後の生活を試算してみたら、悲惨な現実!

今住んでいる家を維持することも不可能な感じです。

定年退職のカウントダウンが始まり、来年から月収が月5万円減ります。

この説明を受け、将来が不安になり、定年後の収支を計算したのです。

来年から月収が月5万円減りことは分かっていたので、節約生活で対応できます。

それが、58歳になると付き0万円の減収。

これも、節約生活を行えば(タバコもやめて)何とかなる計算。

それが、定年再就職となると、収入が一気に減るので、シュミレーションして見たら生活を維持することは不可能な感じ。

月収が20万円と、現状の半分以下に。

これは余りに酷すぎです。

小銭をためている豚の貯金箱が気になり、調べて見ると2万円程度貯まっていました。小銭をためている豚の貯金箱が気になり、調べて見ると2万円程度貯まっていました。

この様な余裕は一切なくなります。

年収で考えると3分の1以下。

これはおかしいと思うので、厚生労働省からの指摘を期待しているのですが、大手企業なので、法に触れないギリギリになっているかと思います。

この収入では、今のままこの家に住んでいる事は出来ません。

電気代がこの夏は月4万、水道代は2ヵ月ごとの請求で、月にすると1.5万円。

ガス代もあります。

月収が20万円なら、手取り金額は16万円程度でしょうか?

その金額で光熱費が6万円越えはあり得ないですよね。

固定資産税や家の修繕穂などもかかるので、定年後にこのまま今の家に住み続けるのは不可能かと。

私の母は、新しい服も買っていないとか文句を言っていますが、私が家を新築して、同居しているから今の生活が成り立っているのです。

これを分からず文句ばかりなので今日もブチ切れです。

母が毎月自由に使っている金額を調べたら、月8万円。

これなので、孫が食べもしないお菓子を買ってきたりと、無駄な出費が多いのです。

それを母に言うと、家を建て直しなりしなければ、生活費の負担もなかったので楽に暮らせたと劇切れな発言。

この様な親と同居をしてしまった事を後悔しています。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ