2016年06月の記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



月別アーカイブ:2016年06月

2016年06月の記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2016-06-30節約
止むを得ない事情で、老後資金に手を付けてしまいました。私が節約生活を始めたのは、50代になる社員に対して行われる会社のマネーセミナーに参加してからです。この様なマネーセミナーを会社で行ってくれるので、まだましな方ですね。それ以前は、定年も伸びたことだしと、何も心配していなかったのですが、現実を知り愕然としました。過去に何度か書いていますが、定年延長で65歳まで今の給料がもらえるわけではなく、再雇用で手...

記事を読む

2016-06-29学費
昨年8月から節約生活を始め、順調に効果がでていたのですが、それが狂ってしまいました。節約生活で、娘の学費などで苦労しながらも、約20万円の預金が出来ていました。ですが、それも無くなりそうな状況。もし、節約生活を始めずになんとかなるだろうと安易に考えていたら、借金をしなくては生活が成り立たない状況になっていたので、節約預金をしていて良かったです。その見えないお金とは、第一が冠婚葬祭です。お祝いすべき出...

記事を読む

2016-06-28定年後
雇用は、60歳から65歳に延長されましたが、これは定年の延長ではなく再雇用となるのが現実です。私の会社にも60歳で定年となり、再雇用となっている方がいますが、その現実は厳しい状況です。再雇用は、パートのような扱いなので、例として月収50万円、ボーナス年2ヶ月で年収700万円もらえた方が、月20万円ボーナス無しになってしまうのです。すでに再雇用となってる人ですら苦しい生活なのですから、年金をもらいながら働く事が出...

記事を読む

2016-06-27学費
これはまるで、賢者の贈り物のような状態です。賢者の贈り物のような話ならまだましなのですが。賢者の贈り物貧しい夫妻が相手にクリスマスプレゼントを買うお金を工面しようとする。妻のデラは、夫のジムが祖父と父から受け継いで大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、自慢の髪を当時あった髪の毛を売る商人の元でバッサリ切り落とし、売ってしまう。一方、夫のジムはデラが欲しがっていた鼈甲の櫛を買うために、自...

記事を読む

2016-06-26定年後
かつての超優良企業だったシャープが、鴻海に買収され、7,000人規模のリストラを行うとのニュースが。シャープは、従業員のリストをしないために、産業再生機構の再建を断り、台湾の鴻海の支援を受け入れたのですが、約束は守られず7,000人規模のリストラを行うとのニュースです。これは、人ごとではないですね。私の務める会社も、50代の社員のリストラ問題が起きています。6月前半に株主総会があり、それを受けて、過去何度も早...

記事を読む

遂に老後資金切り崩し、避けられませんでした。

  •  投稿日:2016-06-30
  •  カテゴリ:節約

止むを得ない事情で、老後資金に手を付けてしまいました。


私が節約生活を始めたのは、50代になる社員に対して行われる会社のマネーセミナーに参加してからです。

この様なマネーセミナーを会社で行ってくれるので、まだましな方ですね。

それ以前は、定年も伸びたことだしと、何も心配していなかったのですが、現実を知り愕然としました。

過去に何度か書いていますが、定年延長で65歳まで今の給料がもらえるわけではなく、再雇用で手取り10万円台になってしまうのです。

この事実を知り、へそくりみたいに月1~3万円の老後預金を始め、節約効果で20万円超えになっていました。

このお金は、何があっても降ろさない最後の砦。

娘が私立高校に行きは目になった時もこのお金には手を付けませんでした。

私立高校入学の時は、この金額ではどうしようもなく、手を付けなかったのですが。

今回このお金をやむなく下ろしたのは、夏休みの合宿です。

娘二人なので約8万円。

合宿での支払いは覚悟していましたが、長女が今月中に振り込むようにとの手紙を出してきたのです。

夏休み合宿なので、まだ先だと思っていたのですが。

それなのに、支払いは6月中。

それなので、このお金を下ろすことになってしまいました。

遂に老後資金切り崩し、避けられませんでした。 

手を付けないと決めていて、預金を始めてから一度も下ろしていなかった口座。

一度でも降ろしてしまうと、歯止めきかなくなります。

夏休みの合宿なので、節約してボーナスでの支払いで、乗り切ろうと思っていたのですが。

そもそも音楽関連の部なので、夏休みの合宿は単なる遊びで、無駄に思えます。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓

 カテゴリ
 タグ


節約生活を狂わす、見えないお金の恐怖!

  •  投稿日:2016-06-29
  •  カテゴリ:学費

昨年8月から節約生活を始め、順調に効果がでていたのですが、それが狂ってしまいました。


節約生活で、娘の学費などで苦労しながらも、約20万円の預金が出来ていました。

ですが、それも無くなりそうな状況。

もし、節約生活を始めずになんとかなるだろうと安易に考えていたら、借金をしなくては生活が成り立たない状況になっていたので、節約預金をしていて良かったです。

その見えないお金とは、第一が冠婚葬祭です。

お祝いすべき出来事でも、計算外の出費なので、節約生活に取っては辛いです。

また、娘の学校行事も同様です。

娘二人、共に部活をやっているので、夏休みに合宿があるとのこと。

約4万円の出費が二人なので、8万円です。

それ以外にも、予備校はまだ金銭的に行かせられないのですが、最低限6日間の短期講習だけは行くようにと言われ、その出費は約4万。

夏休み期間の講習は5回に別れ行われ、その1回だけの参加で4万なので、フルに参加したら20万円です。

娘の学費関連のお金が工面出来たと思ったら、またの出費といった状況が続いています。

子育ては、いくらお金があっても足らない感じです。

この状況なので、少子化が進み、子供が一人という家庭が多いのでしょうね。 

この状況なので、少子化が進み、子供が一人という家庭が多いのでしょうね。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓

 カテゴリ


定年後の預金0円生活は、まさに地獄!50代が老後資金を作るラストチャンスなのです。

  •  投稿日:2016-06-28
  •  カテゴリ:定年後

雇用は、60歳から65歳に延長されましたが、これは定年の延長ではなく再雇用となるのが現実です。


私の会社にも60歳で定年となり、再雇用となっている方がいますが、その現実は厳しい状況です。

再雇用は、パートのような扱いなので、例として月収50万円、ボーナス年2ヶ月で年収700万円もらえた方が、月20万円ボーナス無しになってしまうのです。

すでに再雇用となってる人ですら苦しい生活なのですから、年金をもらいながら働く事が出来ない世代はさらに悲惨です。

年収700万円が240万円になってしまうのですから、生活できない金額ですよね。

この20万円から税金等が引かれるので、実際の手取りは10万円台なのです。

その厳しい状況でも、60歳台前半に老齢厚生年金を受取ることができるのでまだなんとかなる感じ。

ですが私の場合は、65歳にならないと年金はもらえないのです。

定年後の預金0円生活はまさに地獄、50代が老後資金を作るラストチャンスなのです。

さらに、60歳で定年で退職金がもらえるので、これで65歳までなんとか食いつなぐのが現状の仕組みなのですが、私の場合は住宅ローンが残っているので、退職金はその支払で消えてしまいます。

これは悲惨と思ったら、これはまだましな方なのですね。

最低限の条件として、定年時に住宅ローンの一括返済ができるので。

また、住宅ローンの一括返済が済めば、家賃などの出費もないですから。

国の定めるライフプランで全て決められていのでは?

これを考えれ見ると、大手企業に正社員として就職することが前提と思えます。

22歳で大学を卒業→手企業に正社員として就職→28歳で結婚→子供誕生→30歳で持ち家に→子供も大学卒業で自立→住宅ローン完済→60歳で定年→65歳まで再雇用(足りない便は退職金で補填)→65歳から年金生活。

これなら、65歳からの年金生活でも問題無いですよね。

ですがこれに当てはまらない方が多いのに、全てこのライフプランが前提で決められいる気がします。

退職金がもらえない方も多いと思うのですが、もらえて当たり前。

私の会社も、大卒で入社していたら退職金は3,000万円超え、私は中途入社なので試算すると1,000万円程度です。

この2,000万円の差は大きいですね。

さらに娘が生まれたのが30半ばで、50代の今になり学費に苦しんでいるのですから。

この様な事を決めている政治家は、お金がある方ばかりで現実は理解していません。

金銭問題で大学に行けない子供が多くいるのに、大学の学費問題も行って当たり前と思っている方たちが決めているので皆決は難しいと思います。

50代に今が、老後資金を作るラストチャンスなのでが、それすら出来ない状態。

明るい未来はないですね。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓

 カテゴリ


子供のために親が不幸になると、そのしわよせが子供に!

  •  投稿日:2016-06-27
  •  カテゴリ:学費

これはまるで、賢者の贈り物のような状態です。


賢者の贈り物のような話ならまだましなのですが。

賢者の贈り物
貧しい夫妻が相手にクリスマスプレゼントを買うお金を工面しようとする。
妻のデラは、夫のジムが祖父と父から受け継いで大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、自慢の髪を当時あった髪の毛を売る商人の元でバッサリ切り落とし、売ってしまう。
一方、夫のジムはデラが欲しがっていた鼈甲の櫛を買うために、自慢の懐中時計を質に入れていた。
物語の結末で、この一見愚かな行き違いは、しかし、最も賢明な行為であったと結ばれている。

でもちょっと待ってですね。

子供のために親が不幸になると、そのしわよせが子供に!

賢者の贈り物は、お互いに相手のことを思い、自分が大切にしているものをお金に変え、贈り物をするスレ違いの話。

子供を幸せにするためにと、親が老後の生活に必要な大切な預金を、娘進学に使ってしまい一文無しに。

ここまでは、賢者の贈り物に似ている感じ。

子供は、親に迷惑を掛けたくなく、猛烈に勉強して国立大学に合格、または特待生で私立大学に。

この様にすれ違いでも、めでたしなら、賢者の贈り物。

でも娘達に、勉強を頑張る気配はないのです。

一流大学への進学率がいい学校は、こんな裏事情が!


私立の女子高なので、同級生の親は裕福な方が多く唖然としてしまいます。

さらに、一人娘も多いのです。

私の兄弟や、妻の姉弟も子供は一人。

会社の同僚も子供は一人という方が多いです。

これは、やはり金銭的な理由も大きいですね。

うちも一人娘なら、なんとか人並みに育てられたのですが、娘二人。

しかも双子なので、経済的に厳しいのです。

次女はまだ金銭的に余裕のあるときの中学受験で中高一貫校合格。

次女のい友達にサラリーマンはいなく、みな自営業。

自営業と言っても、お店経営や会社経営。

金銭感覚が違いすぎる感じで、夏休みなどは海外旅行は当たり前で、今年は忙しくて海外に行けなかったから、軽井沢の別荘に行っていたなんて感じです。

別荘があるのが当たり前な感じなのです。

それなので、予備校に通いながら家庭教師もつけているので、成績がいいのですね。

この状況なので、大学進学の実績が良いのです。

学校の資料だけでは、この状況わからないですね。

大学進学の実績が良かったので、中学受験で頑張りこの学校に行ければ、名門大学に行けると思っていたらこんなからくりが。

予備校に通わせるのも厳しく、それに家庭教師なんてありえないですね。

でもこれが現実でした。

早慶進学は、結局お金!


国立の進学率は高くないのですが、20%以上が早慶合格。

平均点を取っていればMARCH合格との事でした。

ですが、平均点を取るのが厳しい状況。

それと比べ、長女の学校は、進学校に変わろうとして頑張っている女子校。

ですが、こちらも金銭感覚は私立女子高ですね。

部活を始め、学校の道具を使っているのですが友達はみな自分用の道具を購入していて学校も物を使っていないというのです。

学校で使っているものは、安物でそれより高級なブランド品を買っているとのこと。

お嬢様学校の平均にはついて行けませんが、普通の私立女子高でも公立とはやはり違うのですね。

娘一人なら、10万円くらいの出費はなんとかなったと思いますが、娘二人。

さらに夏休みの部活の合宿あるとのことで、急に5万円の請求が!

これも早めに言ってくれればいいのに、うちの馬鹿娘は直前になってから書類を出すのです!

この状況なので、日々お金の心配をしています。

これで、親が預金を使い果たしてしまったら、生活苦どころか生活できない状態に。

そうなるとそのしわ寄せが子供に行くので、なんとか勉強を頑張って欲しいです。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓

 カテゴリ


50代のリストラ問題の恐怖が現実に!

  •  投稿日:2016-06-26
  •  カテゴリ:定年後

かつての超優良企業だったシャープが、鴻海に買収され、7,000人規模のリストラを行うとのニュースが。


シャープは、従業員のリストをしないために、産業再生機構の再建を断り、台湾の鴻海の支援を受け入れたのですが、約束は守られず7,000人規模のリストラを行うとのニュースです。

シャープは、従業員のリスト

これは、人ごとではないですね。

私の務める会社も、50代の社員のリストラ問題が起きています。

6月前半に株主総会があり、それを受けて、過去何度も早期退職の募集がありました。

退職金に1,000万円超えの金額が上乗せされるのです。

この早期退職が初めて実施された時は、多くの方が退職しました。

ですがその現実は予想外。

1,000万円超えの金額が上乗せされるので、他の会社に転職すればと安易にやめた方が多かったのですが、4~50代での転職は予想外に厳しいのです。

同業他社へ転職できた方は1割程度で、年齢的にキャリアは生かせないのだとわかりました。

この様な状況なので、娘の学費問題もあり私の場合は安易に会社をやめることは出来ません。

6月上旬の株主総会も終わり、娘の学費問題のことを思っていたところで会社の上司から呼び出しが。

この時期の個人的な呼び出しは恐怖です。

私の知り合いの会社の子会社が、他社に買収された時は、1年後にはほぼすべての社員がリストラ。

その会社自体が欲しかったのではなく、取引先などのネットワークが欲しかったようです。

その解雇され社員は、今月で解雇といきなり言われたと聞きました。

私の会社の場合は、正社員なので、子会社への派遣や、総務などへの配置転換でしょうね。

この時期の上司から呼び出しなので、遂に来たかと思ったのですが、リストラの件ではなく新規仕事のこと。

その時は安心したのですが、その内容を聞きにクライアントに行くと5社のコンペ。

しかも他社が優勢で、勝つ事は厳しい感じの仕事。

この仕事が取れれば、定年まで安泰な感じなのですが、取れなかったらリストた要員。

この一見が解決するまでは、定時退社は厳しくなるので、ブログ更新も出来なくなりそうな感じ。

と言うか、ブログを書いている状況では無いですね。

なので、来週は更新できなくなりそうです。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓


 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます