2015年11月の記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



月別アーカイブ:2015年11月

2015年11月の記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2015-11-29定年後
老後の生活費は1億円が必要、これが一般的なのです。でもどうすれば1億円を用意出来るのか、これはあり得ない金額で不安というか無理な話ですよね。ところがこの1億円は、夢の金額ではなく一般の人の場合の金額で、老後は多少贅沢な暮らしをなんて思うと1億5,000万円以上必要なのです。 1億円の根拠は、月35万円の計算で、65歳~90歳までの25年間に掛かるお金なのです。35万円×12ヶ月で年間420万円、これが25年だと確かに1億5...

記事を読む

2015-11-28節約
電気代の節約といえば、電力の自由化が話題ですね。うちにも案内が来ました。ですが自由化は始まるのは来年4月からなのです。この11月からは、事前申し込みが始まったのです。詳細は後日書きますが、実態は月500円くらい安くなるイメージでした。この冬の電気代節約は、工夫で乗り切りましょう!急に冷え込み、冬到来でエアコンはフル稼働となっています。何か工夫をと考えたのが、エアコン以外の暖房を併用することはと思いました...

記事を読む

2015-11-27定年後
年金のことを調べると、何歳まで生きれば元を取れるのか気にになりますね!私の仕事は、サラリーマンの中で一番早死する業種です。定年した上司が元気なのかとの話の前に、まだ生きてるかと言う感じです。そのまえに、会社をさった人の話題はほぼありませんが。昔は毎日深夜残業で残業が月200時時間とかもありました。今ならブラック企業。ですが以前は飲食は会社の領収書で自由。なので残業後は飲みに行き深夜帰宅。この影響もあ...

記事を読む

2015-11-26定年後
50歳は、老後に向けての準備スタートなのです。40代の頃は全く無関心だった年金問題ですが、50歳に成ると、急に様々な情報が入ってきます。私の場合は、勤めている会社のセミナーや説明会で自動的に情報が入ってくるのです。このようなセミナー等がない場合は、ネットで調べたり、書籍を購入するなどしての準備が必要です。セミナーの参加して思ったのですが、老後の生活は安泰ではなく、今から順分が必要なのです。定年は65歳まで...

記事を読む

2015-11-25生活
いま、住宅ローン破産が問題になっています。朝日新聞にも記事が出ていました。その方がは、住宅ローンの返済はあと数年。60歳で定年退職になったら、退職金で一括返済の予定。老後は住宅ローンも無くなり安定した生活が遅れる予定だったのですが。ところがその旦那さんが認知症に。後数年の住宅ローンが払えず住宅ローン破産になってしまったのです。私も高額な住宅ローンが負担です。住宅ローンを組んだ時は、給料は上がるのが当...

記事を読む

老後の生活費は1億円が必要!そんなお金どうすればいいの?

  •  投稿日:2015-11-29
  •  カテゴリ:定年後

老後の生活費は1億円が必要、これが一般的なのです。


でもどうすれば1億円を用意出来るのか、これはあり得ない金額で不安というか無理な話ですよね。

ところがこの1億円は、夢の金額ではなく一般の人の場合の金額で、老後は多少贅沢な暮らしをなんて思うと1億5,000万円以上必要なのです。

老後の生活費は1億円が必要?どうすれば生きていけるの?  

1億円の根拠は、月35万円の計算で、65歳~90歳までの25年間に掛かるお金なのです。

35万円×12ヶ月で年間420万円、これが25年だと確かに1億500万円になります。

と言われても、この35万円が厳しい数字と思ったら、データで見ても一般的な数字なのです。

世の中の平均は、35万4千円でした。

ゆとりある老後生活費

サラリーマン夫婦二人がもらえる平均的な年金受給額は月額約22万円です。

22万円は、老後の日常生活に最低限必要な金額で、レジャーなどの余裕は一切ない金額。

生きていくのに最低限必要な金額が、年金なのです。

この月22万円で計算すると、6,600万円。

これなので、老後の暮らしに余裕を持つための目標貯蓄額が3,000万円と言われるのですね。

65歳を過ぎても月13万円以上の収入が目標!


逆に考えれば65歳を過ぎても夫婦で働き、月13万円以上稼げれば、普通に暮らせる計算で、1億円は可能な数字だったのです。

ですが老後の生活は、病気などの心配もあるし、90歳まで働くのは現実的ではないですね。

また、ゆとりのない生きていくだけの生活も悲しくなります。

趣味やレジャーで、多少のお金は使いたいですよね。

そうなるとやはり節約生活が重要。


35万円ではなく30万円なら9,000万円となり、毎月の目標額も8万円に減ります。

夫婦で月8万円なら可能な金額。

今から節約生活を行い、それを身に着けておくこと。

出費が減れば、月30万円でも豊かな暮らしができそうです。


皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村



 カテゴリ


ちょっとした工夫で、冬の電気代が節約できるのですが。

  •  投稿日:2015-11-28
  •  カテゴリ:節約

電気代の節約といえば、電力の自由化が話題ですね。


うちにも案内が来ました。

ですが自由化は始まるのは来年4月からなのです。

電気代の節約といえば、電力の自由化が話題

この11月からは、事前申し込みが始まったのです。

詳細は後日書きますが、実態は月500円くらい安くなるイメージでした。

この冬の電気代節約は、工夫で乗り切りましょう!


急に冷え込み、冬到来でエアコンはフル稼働となっています。

何か工夫をと考えたのが、エアコン以外の暖房を併用することはと思いました。

ホットカーペットやこたつ、オイルヒーターの併用です。

その前に、エアコンの温度設定も重要なようです。

エアコンの設定温度を1度さげるだけで、月約230円の節約になると書かれていました。

また、効率を上げつために、エアコンのフィルター掃除や室外機対策も必要とのことです。

夏場に室外機を冷やしたのとは逆に室外機を温めるのも効果的。


お湯(50度くらい)を稼働中の室外機の背面、側面にじょうろで掛けるのだそうです。

この効果は大きいようで、消費電力を下げることができるのです。

これは夏場と同様に、エアコンのフル稼働を抑えることができ効果があるのです。

ですが、寒い日にお湯をくんで、外にある室外機を温めるなんてやりたくないですよね。

節電の効果があると知ったら、ママさんから私が朝早起きしてやるようにと言われそうです。

特に寒い日の朝に、少しでも早く部屋があたたまるようにと、お湯を掛けるのなら意味がありますね。

フルパワーで稼働する時間も短縮でき節電にもなりますから。

この様に、寒いので早く暖かくなるようにとの理由ならできますが、節電のための常用手段になならないです。

ホットカーペットの併用も気になっていたのですが、ホットカーペットは電気使用量が多ようで効果なしどころかマイナスのようです。

やはり基本は以前書いたように、室内でも暖かい格好をすることですね。


皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村


 カテゴリ
 タグ


年金は、何歳まで生きれば元を取れるのか、元は取りたいですね!

  •  投稿日:2015-11-27
  •  カテゴリ:定年後

年金のことを調べると、何歳まで生きれば元を取れるのか気にになりますね!


私の仕事は、サラリーマンの中で一番早死する業種です。

定年した上司が元気なのかとの話の前に、まだ生きてるかと言う感じです。

そのまえに、会社をさった人の話題はほぼありませんが。

昔は毎日深夜残業で残業が月200時時間とかもありました。

今ならブラック企業。

ですが以前は飲食は会社の領収書で自由。

なので残業後は飲みに行き深夜帰宅。

この影響もあり早死だったのではと思います。

時代は変わり、今はネットの時代となったで、定時退社もあります。

以前深夜に行っていた打合せも今はメールチェックで済みます。

また、飲食も領収書ではなく何を頼んだのかのレシートが必要になり、アルコールはNGとなり、以前とは環境が変わりました。

ハードで派手な環境が普通になったのです。


年金の問題の戻ると、国民年金を60歳までに支払と748万3200円で年間受給額は78万100円、金受給開始年齢を65歳とすると、75歳まで生きれば元が取れます。

年金は、何歳まで生きれば元を取れるのか 

私のようなサラリーマンの場合は、60歳までに支払う金額は平均4278万7200円(本人負担分+会社負担分)となり奥さんの国民年金を含めると年間受給額は294万4760円、72歳まで生きれば元が取れます((本人負担分)。

私の祖父は50代、父は72歳。

私も目標は72歳より長生きすることですね。

その後、妻が長生きすれば、遺族年金があるで会社負担分も含め完全に元が取れます。

私の親戚(母方)は6人兄妹で、旦那が生きているのは一人だけ、おばあちゃんばかりです。

皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村




 カテゴリ


50歳になったら年金制度を理解し準備を!国は教えてくれないのです!

  •  投稿日:2015-11-26
  •  カテゴリ:定年後

50歳は、老後に向けての準備スタートなのです。


40代の頃は全く無関心だった年金問題ですが、50歳に成ると、急に様々な情報が入ってきます。

私の場合は、勤めている会社のセミナーや説明会で自動的に情報が入ってくるのです。

50歳になったら年金制度を理解し準備を!国は教えてくれないのです!

このようなセミナー等がない場合は、ネットで調べたり、書籍を購入するなどしての準備が必要です。

セミナーの参加して思ったのですが、老後の生活は安泰ではなく、今から順分が必要なのです。

定年は65歳まで延長されましたが、雇用は60歳で打ち切り、再雇用が一般的です。

そうなると給料も激減するのです。

しかも年金がもらえるのは65歳から。

なので、年金制度を理解し60歳から65歳までをどう過ごすかの計画が必要なのです。

保険や固定費の見直し、住宅ローンの早期返済や、家の補修、車買い替えなどを含め。65歳までの長期的なプランを考える必要があります。

また、65歳になり再雇用が終了、年金生活がスタートしても、年金以外の収入源確保が必要とか。

今のままでは老後は安泰ではないのです。


私が行ったセカンドライフのセミナーでは、70歳まで働くことが前提となっていました。

直前になってからの準備では間に合わなく、その準備のスタートは50歳から始めなくてはいけないのです。

充分な貯蓄があれば問題ないのですが、今を生きるのが精一杯。

こうなると節約生活を始める必要があるのです。

私が節約生活を始めたのも、老後の説明会に初めて参加してから。

初めての時は、50代社員の早期退職を換気するのが目的なのではと不信感がありましたが、そうではなくとても参考になり今回も参加しました。

定年後のためにと言われても、まだ何も準備できず、ただ話を聞いて不安なだけですが。


皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村




 カテゴリ
 タグ


住宅ローン破産が急増!生きるために救済を!

  •  投稿日:2015-11-25
  •  カテゴリ:生活

いま、住宅ローン破産が問題になっています。


朝日新聞にも記事が出ていました。

その方がは、住宅ローンの返済はあと数年。

60歳で定年退職になったら、退職金で一括返済の予定。

老後は住宅ローンも無くなり安定した生活が遅れる予定だったのですが。

ところがその旦那さんが認知症に。

後数年の住宅ローンが払えず住宅ローン破産になってしまったのです。

私も高額な住宅ローンが負担です。

住宅ローンを組んだ時は、給料は上がるのが当たり前。


40代前半が最高額でその後は年収が下がり続け。

なので今は、高額な住宅ローンの負担が大きく苦しんでいます。

今、50代の住宅ローン破産が急増!

私はまだギリギリ住宅ローンを払えていますが、リストラや減給で払えなくなった人が急増してるのです。

住宅ローン破産が急増!死んだほうが楽なのです!

2014年のテータを見ると、破産事件1,240件で生活苦・低所得が約6割、住宅ローンによる破産は16%なのです。

失業・給料の減少が一番ですが、住宅ローンが支払えず破産せざるを得ない状況がより深刻化しているのです。

給料は上がるのが当たり前の時代に組んだ住宅ローンなので、私の場合も無理があります。

これがリストラや病気などになると、無理ではなくアウトですよね。

死んだほうが楽なのです!


これが個人的におかしいと思うことなのですが、住宅ローンが支払えず家族に迷惑を掛けるなら死んだほうが楽なのです。

住宅ローンは、保険に入っているので、死んだ返済の必要はなくなります。

これが有るから、自殺する人がいるのではと思います。

これは非常に悲しい事実です。

生きているより死んだほうが良いなんておかしいです。

これを救済する法律を作って欲しいですね。

でも、自殺なら保険金は払わないとかは無しで。

行きていれは保証する制度を考えて欲しいです。

住宅ローンとは関係ないのですが、持ち家があるお年寄りに死んだら資産で返却との条件でお金を貸す制度があるのを見ました。

これと同様に、住宅ローンの返済が出来なくなった方からは担保の不動産で回収できるのですから、新しい制度を考えて欲しいです。

皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村


 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます