定年後のカテゴリ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



カテゴリ:定年後

定年後のカテゴリ記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-05-18定年後
年金が20万年もらえたとしても、最低3,000万年の老後資金がないと、人並みの生活は出来ないと言われています。これを調べて見ると、月額約35万円が必要と言われている根拠は、公益財団法人生命保険文化センターがおこなったアンケート調査の結果が元の様でした。この資金になるのは退職金。大企業で2,374万円、中小企業で1,139万円と言うのが経団連と東京都産業労働局がまとめた退職金の平均金額。私は勤めている会社の場合は、子...

記事を読む

2018-04-04定年後
これは、朝日新聞に出ていた記事です。60歳を過ぎると、雇用も再雇用となり収入が激減するのは今や常識。この例では、再雇用の給与は年間260万円。個人年金に加入していて、70歳までの10年間、毎年80万円をもらえる計算です。私も、個人年金に加入していますが、70歳までの10年間、年40万円とこの例の半分です。20代後半に入った年金保険。月7,000円程度の金額が、給料から自動で引き落とされています。加入したのが30年以上前なの...

記事を読む

2018-02-16定年後
定年延長問題で、新たな動きがあります。これは日本経済新聞が報じたニュースで、大手企業が定年再雇用の給与水準引き上げを始めました。定年再雇用は、嬉しい事のように見えるのですが、実際は悲惨です。年収1,000万円をもらっていた社員が60歳で定年。その後は定年延長で65歳まで働けるようになったのですが、定年再雇用となり、月収は20万円程度と年金はもらえる65歳まで、会社に来れば年金程度の最低報酬を払ってあげるとの仕...

記事を読む

2018-01-07定年後
雇用延長で、定年後も65歳までは働けるようになりましたが、現実は厳しいです。定年が延長されるのではなく、60歳になったら定年で、その後は雇用延長なのです。雇用延長での再雇用の場合は、定年前の賃金よりも給料が減少した方は77.0%。私が勤めている会社の場合も、60歳からは再雇用となり、月収20万円程度と現役時代とは比べられないほどの定収入になってしまいます。この制度が始まる前は、仕事がある(取引先との関係)場合...

記事を読む

2017-12-03定年後
老後の生活資金として、最低でも3,000万円の貯蓄が必要だというのは一般論です。これは、日本人の平均寿命から来た数字のようで、日本人の平均寿命は男性は約80歳、女性は86歳です。60歳が定年。60歳から65歳までの雇用延長は、年金が支給されるまでの救済策になってしまったのでそれは計算外です。80歳まで生きるとした場合、60歳の定年から20年。年金だけでは生活できなく、さらに年間150万円は必要との計算です。私の場合は、祖...

記事を読む

老後の生活に必要な金額が月35万円と言うのは嘘?

  •  投稿日:2018-05-18
  •  カテゴリ:定年後

年金が20万年もらえたとしても、最低3,000万年の老後資金がないと、人並みの生活は出来ないと言われています。


これを調べて見ると、月額約35万円が必要と言われている根拠は、公益財団法人生命保険文化センターがおこなったアンケート調査の結果が元の様でした。

この資金になるのは退職金。

大企業で2,374万円、中小企業で1,139万円と言うのが経団連と東京都産業労働局がまとめた退職金の平均金額。

後の1必要な生活に必要は金額が月35万円と言うのは嘘?

私は勤めている会社の場合は、子の平均額より多いいのですが、私の場合は中途入社なので、平均額に満たないかと思います。

その退職金をどのように使いかのアンケートを見ると、退職金の使用目的として最も多かったのが「定年後の生活費」(52.2%)。

次いで「ローン・負債の返済」(20.8%)、「住宅や車」(8.8%)、「万一の備え」(7.4%)、「趣味」(5.6%)、「その他」(3.1%)、「家族・子どもへの贈与」(2.0%)です。

私の父親は、セルシオを購入し、残りのお金はすべてパチンコと、最低の親でした。

私の場合は、約3分の2が住宅ローンの返済で消えてしまいます。

老後の生活に最低月35万円は必要との事でさらに調べると、年金受給年齢の65歳までにまだ時間があるので資産運用や節約をして貯蓄をするようにとの事。

また、住宅ローンもなく、子供が独立していれば、25万年程度の収入でも夫婦二人なら問題ないと出ていました。

我が家の場合は、家の塗り替えは行っているので(あと20年は問題なし)、残すは屋上などの防水シートの張替えで250万円程度の出費。

勧めが無事に大学に合格に、就職して家にお金を入れてくれるようになれば問題はすべて解消なのですが?

女の子なので難しいと思います。

老後は夫婦二人の生活になるので、パートではなく何か資格を取ってと妻に言って激怒されたことがあります。

今回私は会社で資格を取るようにとなり、無事に合格。

これも、さらに頑張り上級の資格が取れれば、定年後の仕事として生かせるのですが、それは不可能な話。

初級ですが、私だって資格を取れたのだからと話と、さらに激怒されてしまいました。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


定年後の生活、公的年金だけでは厳しく、企業年金や個人年金が最低限の条件のようです。

  •  投稿日:2018-04-04
  •  カテゴリ:定年後

これは、朝日新聞に出ていた記事です。


60歳を過ぎると、雇用も再雇用となり収入が激減するのは今や常識。

この例では、再雇用の給与は年間260万円。

個人年金に加入していて、70歳までの10年間、毎年80万円をもらえる計算です。

定年後の生活、公的年金だけでは厳しく、企業年金や個人年金が最低限の条件のようです。

私も、個人年金に加入していますが、70歳までの10年間、年40万円とこの例の半分です。

20代後半に入った年金保険。

月7,000円程度の金額が、給料から自動で引き落とされています。

加入したのが30年以上前なので、今では考えられない利率なのでお得だったのですね。

年40万円は、老後に毎年1回海外旅行に行けるようにと思った金額。

この様な状況になるとは思ってもいなかったので。

今となっては、定年後の年40万円は大きいです。

20代後半のころは、年収は今の倍くらいになり、老後の生活は苦労しないと思っていたので。

また、この記事を見ると、企業年金も大きいです。

残念ながら、私が勤めている会社に企業年金はありません。

勤めている会社が、年金基金などに入っていれば、65歳から企業年金がもらえるとの事で、新聞の例では年60万円です。

老後のための貯蓄と思っても、車買い替えなどお金が必要になれば使ってしまいます。

それなので、貯蓄は厳しいですが、年金保険などの個人年金に加入していれば、多少でもお金が貯まります。

私の場合、これが月14,000だったら、10年間毎年80万円をもらえたので残念、今から思うと月20,000円位にしておけば良かったと思います。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


この辛い問題に、新たな動きが!

  •  投稿日:2018-02-16
  •  カテゴリ:定年後

定年延長問題で、新たな動きがあります。


これは日本経済新聞が報じたニュースで、大手企業が定年再雇用の給与水準引き上げを始めました。

定年延長問題、人手確保で収入の8割維持の引き上げ!

定年再雇用は、嬉しい事のように見えるのですが、実際は悲惨です。

年収1,000万円をもらっていた社員が60歳で定年。

その後は定年延長で65歳まで働けるようになったのですが、定年再雇用となり、月収は20万円程度と年金はもらえる65歳まで、会社に来れば年金程度の最低報酬を払ってあげるとの仕組みなのです。

私が勤める会社は、この定年延長が始まる前は、会社として必要な社員だけが、契約社員として残れる仕組みでした。

年収は現役時代と変わらない金額でした。

これが定年延長制度が始まったことで、誰でも65歳まで働けるようになったのですが、月収は20万円程度となり、取引先との関係地が良好で、再契約の可能性があった方には大打撃です。

この事から、60歳定年での再就職もあるようです。

この問題で、明治安田生命保険は2019年4月からの定年延長に伴い、60歳以上の給与水準を60歳前の7~8割程度に維持すると発表。

ホンダも60歳以上の給与を59歳時点の半分から約8割に引き上げました。

経験豊かなシニアの士気低下を防ぎながら、雇用を維持する動きが広がっているのです。

これは嬉しいニュースです。

ですが、私の会社ではシニアの技術や経験は必要ない感じ。

大手他社の同行には敏感なので、現在の再雇用制度が改定されれば嬉しいのですが。

もう50代なので、制度改定が間に合ってくれればと祈るばかりです。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


公務員の定年が65歳に延長、再雇用ではなく定年延長です!

  •  投稿日:2018-01-07
  •  カテゴリ:定年後

雇用延長で、定年後も65歳までは働けるようになりましたが、現実は厳しいです。


定年が延長されるのではなく、60歳になったら定年で、その後は雇用延長なのです。

雇用延長での再雇用の場合は、定年前の賃金よりも給料が減少した方は77.0%。雇用延長での再雇用の場合は、定年前の賃金よりも給料が減少した方は77

私が勤めている会社の場合も、60歳からは再雇用となり、月収20万円程度と現役時代とは比べられないほどの定収入になってしまいます。

この制度が始まる前は、仕事がある(取引先との関係)場合の再雇用は、65歳まで現役と変わらない給料が支払われていたようなのですが、今は月20万円に固定されています。

仕事がなくても、全員が雇用延長を選べるようになったからです。

月収20万円程度では、生活できないですよね。

それなので、仕事を持っている(取引先との関係)社員は、雇用延長を選ばずに、他社に転職するか、フリーになり業務ごとの報酬を得る道を選んでいます。

月20万円なら、フリーになり1企画が通ればそれだけで20万円越えの報酬になるので。

ですが、60歳を超えてのフリーは安定しないので、私としては厳しい現実。

まだ先なのですが、娘が就職しても親の面倒を見てくれるなどあり得ないので。

それと比べ、私は長男だったので親の面倒を見ています。

この定年・再雇用問題、政府は公務員の定年を65歳とする方向で検討に入ったそうです。

国家、地方公務員の定年を3年ごとに1歳ずつ延長し、2033年度に65歳にするとの事。

60歳以上の職員の給与は減額され、中高年層を中心に60歳までの給与の上昇カーブは抑えられます。

2019年の通常国会に国家公務員法改正案など関連法案を提出し、2021年度からの着手を目指します。

これは良い話で、公務員の定年が65歳までに延長されれは、大手企業もこれに倣い定年が延長されるかと思います。

ですが2033年度が目標では私の場合は間に合わないですね。

定年後の再雇用は、難しい問題です。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


定年後の資金として3,000万円を貯められなかった場合は悲惨な老後に?

  •  投稿日:2017-12-03
  •  カテゴリ:定年後

老後の生活資金として、最低でも3,000万円の貯蓄が必要だというのは一般論です。


これは、日本人の平均寿命から来た数字のようで、日本人の平均寿命は男性は約80歳、女性は86歳です。

60歳が定年。

60歳から65歳までの雇用延長は、年金が支給されるまでの救済策になってしまったのでそれは計算外です。

80歳まで生きるとした場合、60歳の定年から20年。

年金だけでは生活できなく、さらに年間150万円は必要との計算です。

定年後の資金として3,000万円を貯められなかった場合の悲惨な老後?

私の場合は、祖父は50代、父は72歳で死んでいます。

私が勤務している会社の場合、定年してから数年で死んでいる方が多いいです。

そう考えると、父より長生きしたとして、75歳の寿命で計算すると2,250万円。

また、父の場合は定年後の資金は0円。

55歳で早期退職。

3,000万円はあったと思われる退職金は、退職後に高級車のセルシオを購入。

働かないで毎日パチンコ。

5年で使い果たしました。

それでも問題なかったのは、私が親と同居をして家を新築したからです。

これで思うのは、我が家は子供は二人いますがいずれも女の子。

将来は、夫婦二人での生活。

私は早く死んでも妻の将来があるので、3,000万円は無理でも、将来の為に預金はしておきたいと思います。

それなのに、娘の受験問題があり、老後の生活は不安だらけです。

↓ポチッ としていただけると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓
 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます