電気代節約のカテゴリ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



カテゴリ:電気代節約

電気代節約のカテゴリ記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-02-08電気代節約
節約生活を始めた時は、電気代の事も考えこまめに節約を行っていました。その効果はあったのですが、あらためて1年間の電気使用量のグラフを見てみると、10月から前年の金額を上回り、12月からはその差が大きくなっていました。そして2月の電気代は、37,629円になっていたのです。これはまずい状態。これを考えると、母が1Fでエアコンを付けっぱなし。2Fのリビングは、妻が夕食のかたずけを行いその後はテレビを見ています。私は3F...

記事を読む

2017-08-12電気代節約
電気代、以前は真夏だと4万円を超えていたのですが、節約生活を始めてからは3万円以内で収まっています。これで安心して気が緩んだのか、今年の方が猛暑なのか昨年より電気代が高くなっています。電気代の節約で、最も効果が大きかったのは料金プランの見直しです。現在はピークシフトプラン。このプランは、2016年3月31日をもって新規加入の受付が終了しています。ピークシフトプランは、夏の昼間、午後1時から4時の料金を割高に...

記事を読む

2016-05-28電気代節約
これからますます暑くなるので、節約生活で一番気になるのが電気代。私が節約生活を始めたのは昨年の8月からなので、一番最初に取り組んだのが、この電気をどうやって節約するかでした。電気代はとにかく高額で、エアコンをフルに使うと月47,000円くらいになっていたので、節約生活以前の2015年1月に、料金プランだけは変更していました。従量電灯Cから、ピークシフトプランへの変更で、それだけでも毎月3,000円程度の節約となって...

記事を読む

2016-05-16電気代節約
この4月から始まった電力自由化で、ネット上にも電力会社のバナーが増えましたね。ENEOS、東燃ゼネラル石油、H.I.S.、東急、東京ガス、ソフトバンク、au など様々な会社が新規参入します。当然ながら、私も様々な会社のプランを調べてみました。ですが現状よりお得なプランは見当たらなかったです。現状のプランは、節約を考え昨年1月に従量電灯Cから、ピークシフトプランへ変更しました。これは確実に効果がありました。今月も昨...

記事を読む

2016-02-06電気代節約
4月から始まる電力自由化での新会社の参入、これは本当にお得なの?ENEOS、東燃ゼネラル石油、H.I.S.、東急、東京ガス、ソフトバンク、au など様々な会社が新規参入します。我が家の場合は、2月請求の電気代は29,108円。昨年2月は21,779円なので7,329円のプラスなので、料金プラン見直しを考えたいところ。昨年1月に従量電灯Cから、ピークシフトプランへ変更し毎月3,000円程度の節約となっていましたが昨年の2月請求との比較は同じ...

記事を読む

2月の電気代が37,629円に!これはまずいです。

節約生活を始めた時は、電気代の事も考えこまめに節約を行っていました。


その効果はあったのですが、あらためて1年間の電気使用量のグラフを見てみると、10月から前年の金額を上回り、12月からはその差が大きくなっていました。

そして2月の電気代は、37,629円になっていたのです。

1年間の電気使用量のグラフ

これはまずい状態。

電気第がヤバイです。


これを考えると、母が1Fでエアコンを付けっぱなし。

2Fのリビングは、妻が夕食のかたずけを行いその後はテレビを見ています。

私は3Fの部屋でこれを書いています。

娘は、3Fの子供部屋。

この様に、絶えず4部屋を暖房しているのが原因かと思います。

さらに、娘の部屋のエアコンの効きが悪いので、オイルヒーターを併用しているのでこれも原因かと。

我が家の場合は水道代の請求も2万円を超えているので、電気代と水道代の節約対策は必要だと思います。

これで月1万円節約出来れば大きいので。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


気のゆるみから節約を怠っていたようです。これがその結果です。

電気代、以前は真夏だと4万円を超えていたのですが、節約生活を始めてからは3万円以内で収まっています。


これで安心して気が緩んだのか、今年の方が猛暑なのか昨年より電気代が高くなっています。

気のゆるみから節約を怠っていたようです。これがその結果です。

電気代の節約で、最も効果が大きかったのは料金プランの見直しです。

現在はピークシフトプラン。

このプランは、2016年3月31日をもって新規加入の受付が終了しています。

ピークシフトプランは、夏の昼間、午後1時から4時の料金を割高にし、その分夜間料金を低く抑えたプランです。

このプランが我が家の生活パターンに合っていたようで、電気代を大きく節約できました。

電力自由化で、他社に変えたほうがお得かと調べたのですが、我が家の場合はピークシフトプランが最安値でした。

現在の契約は8kVA。

これが問題かとも思いましたが、6kVAに下げたところで下がる基本料金は数百円。

これでは意味ない感じ。

エアコンは、こまめに切るより付けっぱなしの方が節電になるとのことで付けっぱなし。

何か考えれば、月数千円の節約が出来そうなのですが。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


間違えていませんか、電気代の節約方法?

これからますます暑くなるので、節約生活で一番気になるのが電気代。


私が節約生活を始めたのは昨年の8月からなので、一番最初に取り組んだのが、この電気をどうやって節約するかでした。

電気代はとにかく高額で、エアコンをフルに使うと月47,000円くらいになっていたので、節約生活以前の2015年1月に、料金プランだけは変更していました。

従量電灯Cから、ピークシフトプランへの変更で、それだけでも毎月3,000円程度の節約となっていました。

また、節約生活を始めてからは、夏の電気代の節約方法などを調べ、エアコンの冷房もつけっぱなしにしました。

それ以前は、マメに電源をOFFにした方が節約になると思っていたのですが、エアコンの冷房は、電源ONにして暑い部屋を一気に冷やす時に電気を多く使うので設定温度をやや高めにして、つけたままのするほうが、電気の使用料が少ないのです。

これらの効果で、電気代は年間4万円以上節約できました。


電力自由化で騙されないように!



また、この4月から始まった電力自由化も様注意ですね。

ENEOS、東燃ゼネラル石油、H.I.S.、東急、東京ガス、ソフトバンク、au など様々な会社が新規参入していますが、現状のプランは基本的に節約を考えていない従量電灯Cとの比較。

東京電力でも様々なプランが増えているので、でんき家計簿などで、まずはプランの比較を行ったうえで、電力会社のチェンジを検討したほうがいいですね。

 

電気料金の支払いがクレジットカードだと損な場合も!



電気料金の支払いは、クレジットカードがお得だと思っていたのですが、実は料金とカードのポイント還元率により、口座振替の方がお得な場合もあるのです。

東京電力のページを見ると、4月から電気の契約などは分社された「東京電力エナジーパートナー」になっていました。

そのなかの支払い方法のページを見ると、口座振替のサービスとして、電気料金が一月54円(税込)割引になる「口座振替サービス」が紹介されていました。

電気料金の支払いがクレジットカードだと損な場合も

東京電力以外でも、中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力で、同じサービスが有りました。

口座振替サービスがない、北海道電力・東北電力・沖縄電力は、クレジットカードでの支払いがお得ですね。

この54円をクレジットカードでの支払いで獲得出来るポイントと比べて見ると、ポイント還元率が0.5%のカードだと月々の電気料金がおおよそ11,000円以上になれば、口座振替サービスよりカードでの支払いがお得になります。

これがポイント還元率1%になると、月々の電気料金がおおよそ6,000円以上で、口座振替サービスよりカードでの支払いがお得になります。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

 

カードも、ポイントの還元率や、年会費を考えないといけないですね。

私の場合は上記のように家族5人で、電気代も高額なので当然クレジットカードでの支払いがお得です。

JALカードを利用しているので、10,000マイル貯まれば、航空券か11,000WAONに交換できます。

年会費無料で、脅威の還元率1.2%のカードが!



そんなことを思って調べていたら、還元率が1.2%で、年会費無料のカードもあるのですね。

驚異の高還元率1

驚異の高還元率1.2% リクルートカード

このようなカードと比べると、JALカードは年会費が高いので、カード自体を考え直す必要もありますね。

クレジットカードは、年会費と還元率で計算するべきですね。

↓辛い環境での頑張りや、参考になる情報が多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓ここまで悲惨な状況の方がいるとは驚きです↓



 カテゴリ
 タグ


電気代の節約、電力自由化で騙されないように、変更なしがお得な場合も!

この4月から始まった電力自由化で、ネット上にも電力会社のバナーが増えましたね。


ENEOS、東燃ゼネラル石油、H.I.S.、東急、東京ガス、ソフトバンク、au など様々な会社が新規参入します。
当然ながら、私も様々な会社のプランを調べてみました。

ですが現状よりお得なプランは見当たらなかったです。

現状のプランは、節約を考え昨年1月に従量電灯Cから、ピークシフトプランへ変更しました。

これは確実に効果がありました。

電気代の節約は、電力自由化で騙されないように、変更なしがお得な場合も!2

今月も昨年より節約できています。

電気代の節約は、電力自由化で騙されないように、変更なしがお得な場合も! 

過去のグラフで見ると効果が分かりますね。

1月だけ前年より高いのは前年にプラン変更しているので変更後の料金だからで、マル一月ではないからです。

これなので、新料金プランにも関心があり調べてみました。

電力自由化での新プランを調べたのですが、東京電力の基本プラン(従量電灯C)に対抗するプランのみなのです。

東京電力のピークシフトプランは、夜の電気代が安くなるプラン。

新規参入会社は、このような夜の電気代が安くなるピークシフトプランのようなプランは準備中となっていました。

なので、現状では新規参入会社に切り替えてもお得になることはありません。

東京電力もこれらの対抗策として、さらに電気の使用状況によるプランを増やしています。

一定量までは定額でそれ以上はお得になる「プレミアムプラン」、オール電化住宅用の「スマートライフプラン」、夜間のでんき使用量の割合が高いほどお得になる「夜トクプラン」、時間を気にせづ電気が使える「スタンダードプラン」の4種。

これらも比較サイトで調べてみましたが、やはり現状(昨年見直し)プランがお得。

電力自由化で、いかにお得かとの広告が多いですが、比較が重要。


今は電気を使う時間などで細かく料金が設定されているのでシュミレーションを行い各家庭にあった電気料金のプランを見極めることが節約につながります。

私の場合は基本的に昼間は家族は外出するのですが、80歳の母がいるので微妙なのです。

母がいなければ、新電力プランへの切り替えがお得なのですが、母がいるので現状がお得。

たかが電気代ですが、いかにお得に利用できるかは複雑に。

節約生活を送るなら、各家庭でどのプランがお得なのかの検討が重要ですね。

節約は皆さん頑張っていますね。
↓辛い環境での頑張りや、参考になる情報が多数あります↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓ここまで悲惨な状況の方がいるとは驚きです↓



 カテゴリ
 タグ


電気代の節約は電力自由化で大きな変化、今こそ検討を!

4月から始まる電力自由化での新会社の参入、これは本当にお得なの?


ENEOS、東燃ゼネラル石油、H.I.S.、東急、東京ガス、ソフトバンク、au など様々な会社が新規参入します。

我が家の場合は、2月請求の電気代は29,108円。

我が家の場合は、2月請求の電気代は29,108円

昨年2月は21,779円なので7,329円のプラスなので、料金プラン見直しを考えたいところ。

昨年1月に従量電灯Cから、ピークシフトプランへ変更し毎月3,000円程度の節約となっていましたが昨年の2月請求との比較は同じピークシフトプランです。

電力自由化で新プランの発表やPontaポイントかTポイントも!2 

ピークシフトプランは、夜の電気代が安くなるプランなのですが、母と同居なので昼間のでんきの利用は0ではないのでやや効果が薄いのです。

新規参入会社を調べたたのですが、現状は東京電力の基本プラン(従量電灯C)に対抗するプランのみ。


夜の電気代が安くなるピークシフトプランのようなプランは準備中となっていました。

なので、現状では新規参入会社に切り替えてもお得になることはありません。

東京電力も新規参入会社への対抗策を。

東京電力から新料金プラン新設の案内が送られてきました。

それを見ると、一定量までは定額でそれ以上はお得になる「プレミアムプラン」、

オール電化住宅用の「スマートライフプラン」、

夜間のでんき使用量の割合が高いほどお得になる「夜トクプラン」、

時間を気にせづ電気が使える「スタンダードプラン」の4種です。

このプランに切り替えたほうがお得なのかを比較するサイトが有り、調べてみました。

電力自由化で新プランの発表やPontaポイントかTポイントも! 

その結果は、現状のピークシフトプランが一番お得。

この新料金プランを契約すると、毎月の電気代の支払いで、PontaポイントかTポイントがもらえるサービスがあるので切り替えたいと思ったのですが見送りですね。

このポイントサービスは、電気料金1,000円につき5ポイントとのことなので29,108円なら145ポイント。

ポイントは割引と同じなので、年間1,000円以上になることは確実。

ですがポイントにだまされないようじっくり検討が必要です。

節約情報は、以下のサイトが参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村



 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます