家庭菜園のカテゴリ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



カテゴリ:家庭菜園

家庭菜園のカテゴリ記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-05-16家庭菜園
ゴールデンウイークが終わったとたん、誰も収穫してくれないのです。何の話かと言うと、これは家庭菜園。娘が小学校低学年の頃は、ナスやキュウリ、トウモロコシ。ジャガイモやサツマイモなど、あらゆるものを育てていました。スイカやメロンにも挑戦しましたが、スイカやメロンは、鉢植えでは厳しい様です。これが現状は、手間のかからないイチゴとアスパラガスのみとなっています。この家庭菜園は、娘のために始めたのに、妻を含...

記事を読む

2017-08-17家庭菜園
自然の力は偉大、この夏の暑さも節約に有効なのです。これは、家庭菜園や花などを植えている方限定の節約情報です。毎年熱消毒を行っていましたが、昨年は仕事が忙しく熱消毒を行なわずに土を保存。ここまでひどい状態になるとは思ってもいませんでした。熱消毒を行なわなかった土を利用したので、雑草が多く困った状況。熱消毒を行なわなかった土に植えたネギです。こちらは一昨年熱消毒を行った土に植えたネギ。土を再利用する場...

記事を読む

2017-08-08家庭菜園
対処が遅れたのが原因で全てが台無しになってしまいました。楽しみにしていたことなのに、この被害。わずか一週間で全てが台無しです。今年初めて、庭に植えていたマスカットに実がなり期待していました。通常の果物は、完熟する前に収穫されるので、家庭菜園で完熟させた方が糖度も高くなり美味しくなるとの事。これは、ダッシュ取村で放映されていたことです。それなので、完熟になるまでと期待していたのですが、虫がついてしま...

記事を読む

2017-05-19家庭菜園
毎年この時期になると毎日のようにイチゴが収穫できたのですが今年は不作、1日で終りです。家庭菜園は、私が好きで始めたことではなく、妻に言われて始めたことでした。娘が幼稚園児のころ、屋上があるのだから家庭菜園を作り、娘たちに農業体験をさせたらと言われたのが切っ掛けです。トマトやキュウリ、スイカやメロン、ジャガイモ・サツマイモ・ラッカセイと、あらゆるものを栽培。屋上が完璧な家庭菜園となったのですが?言っ...

記事を読む

2017-04-04家庭菜園
究極の節約生活は、自給自足だと思います。妻の実家も地方なので、家庭菜園というレベルではなく畑があります。畑があれば自給自足が可能。私の母の実家は、以前は農家だったのですが農業は跡継ぎがいなく廃業、今は朝一や道の駅などでの販売だけで、基本は家庭菜園と同様に家族で食べる分になっているようです。私の場合は庭がないので屋上での栽培。娘が小学生低学年の時は、本格的に家庭菜園をやったのですが、娘がは手伝うこと...

記事を読む

究極の節約生活のはずなのに、これを無駄にする家族!

ゴールデンウイークが終わったとたん、誰も収穫してくれないのです。


何の話かと言うと、これは家庭菜園。

娘が小学校低学年の頃は、ナスやキュウリ、トウモロコシ。

ジャガイモやサツマイモなど、あらゆるものを育てていました。

スイカやメロンにも挑戦しましたが、スイカやメロンは、鉢植えでは厳しい様です。

これが現状は、手間のかからないイチゴとアスパラガスのみとなっています。

この家庭菜園は、娘のために始めたのに、妻を含め誰も手伝わなくなり、挙句の果てには、妻からパパの趣味と言われるようになってしまいました。

そもそも、妻が言い出したことで、娘のためにやっていたのに、この様なことを言われるのです。

アスパラガスは、大きめの鉢に植えれば、毎年収穫可能です。

収穫を怠ると、そのまま伸びてしまうのですが、綺麗な葉になるので鑑賞用として育てている方もいるくらいです。


究極の節約生活のはずなのに、これを無駄にする家族!

イチゴは、ライナーで株が増えるので、その株に植え替えれば毎年収穫可能。

一年草ではないので、そのままでもいいのですが、植え替えた方が実のなりが良いとの事です。

ゴールデンウイークの初めに初収穫。

その後は毎日食べる便だけ収穫していたようですが、休みが終わるとほったらかし。

この休日は、この様なにざる2杯分の収穫。

家庭菜園での収穫、2018イチゴ

収穫すれば食べるのです。

家庭菜園での収穫、2018サクランボ

それから、サクランボは、実が赤くなると、毎年鳥に食べられてしまい収穫できなかったのですが、今年は鳥が来なかったので、サクランボも収穫できました。

家庭菜園での収穫、2018サクランボ2


家庭菜園は、自分が育てたものを収穫できるので、これを娘にやらせたかったのに、妻がボケチン。

妻がめんどうくさがって何もやってくれないので、娘もやらなくなってしまいます。

家庭菜園は、究極の節約生活。

アリとキリギリスに例えると、私はアリで妻はキリギリスだと思いました。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓
 カテゴリ
 タグ


これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。

自然の力は偉大、この夏の暑さも節約に有効なのです。


これは、家庭菜園や花などを植えている方限定の節約情報です。

毎年熱消毒を行っていましたが、昨年は仕事が忙しく熱消毒を行なわずに土を保存。

ここまでひどい状態になるとは思ってもいませんでした。

熱消毒を行なわなかった土を利用したので、雑草が多く困った状況。

熱消毒を行なわなかった土に植えたネギです。

これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。5

こちらは一昨年熱消毒を行った土に植えたネギ。

これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。4

土を再利用する場合は、古いで根っこや雑草を取り除着、それを黒いビニール袋へ。

その袋に水を入れ、熱消毒。

これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。2

夏の暑い日だと、触れないくらいの熱さになります。

この熱で、菌や雑草の種がなくなります。

熱消毒の効果は大きいです。

これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。6

この土を乾燥させて翌年利用します。

乾燥させるのは衣装ボックスが安くてお得。

これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。

セールで398円でした。

再利用する際は、土の復活台を利用。

これを怠ると悲惨な状態に!こんなものまで節約しています。7

家庭菜園で利用する場合は、再利用する場合も前年に何を植えていたかが問題になるので注意が必要。

私の場合はネギとアスパラとイチゴだけなので問題ありませんが。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


もっと早くに対処すべきでした!対処が遅れこの被害です。

対処が遅れたのが原因で全てが台無しになってしまいました。


楽しみにしていたことなのに、この被害。

わずか一週間で全てが台無しです。

マスカット、害虫の被害1

今年初めて、庭に植えていたマスカットに実がなり期待していました。

通常の果物は、完熟する前に収穫されるので、家庭菜園で完熟させた方が糖度も高くなり美味しくなるとの事。

これは、ダッシュ取村で放映されていたことです。

それなので、完熟になるまでと期待していたのですが、虫がついてしまいました。

マスカットがいいのは鳥の害がない事。

巨峰などは色の問題で網をかけるとかしないと、すぐに鳥に食べられてしまいます。

マスカットぼ場合は実の色もグリーンなので鳥の被害は避けられます。

それで期待していたのに、虫がついてしまいました。

マスカット、害虫の被害2 

先週は問題なかったのですが、一週間では葉っぱが半減。

マスカット、害虫の被害3 

実を一粒とり食べてみたのですが完熟まではもう少しな感じ。

現状でも食べられますが、糖度が足りない感じ。

虫は見つけるたびに対処しています。

アブラムシも以前は触れなかったのですが、今はシャワーをかけながら手で潰しています。

殺虫剤を使えば簡単なのですが、家庭菜園なので無農薬で収穫したく思うのでこのように虫がついてしまいます。

これで思ったことは、農家の方がどんなに大変かという事。

わずか一週間でこの状態になってしまうのですから。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ


今年の究極の節約は1日で終了、原因は妻です!

毎年この時期になると毎日のようにイチゴが収穫できたのですが今年は不作、1日で終りです。


家庭菜園は、私が好きで始めたことではなく、妻に言われて始めたことでした。

娘が幼稚園児のころ、屋上があるのだから家庭菜園を作り、娘たちに農業体験をさせたらと言われたのが切っ掛けです。

トマトやキュウリ、スイカやメロン、ジャガイモ・サツマイモ・ラッカセイと、あらゆるものを栽培。

屋上が完璧な家庭菜園となったのですが?

言っただけで妻は手伝わないし、娘たちも何もしません。

家庭菜園を作っても意味なし。

それで、パパの趣味は家庭菜園でとか文句を言いだす始末。

私の趣味ではなく、言われたから始めたのにと、今はネギとアスパラとイチゴだけ。

手間をかけなくても収穫ができるものだけが残っています。

中でも、イチゴは市販されているものと比べ完熟で収穫できるので、見た目は悪くても味は売られているものより良いので、重宝していました。

市販のイチゴを、ジャムにしたり、ミキサーでジュースにするのはもったいない気がするのですが、家庭菜園のイチゴなら問題なし。

小粒で見た目は悪いので。

これが今年は超不作です。

毎日のようにイチゴが収穫できたのですが今年は不作、1日で終わりです。

植えているイチゴの数も少なかったのが原因。

その理由は昨年の夏、一切手伝ってくれなかった妻が、屋上の鉢植えの雑草を取ってくれたからです。

その時に、イチゴのランナーもむしり取られてしまいました。

親株から一番目のランナー(子株)は、親株の病気が移っていることもあるので苗として使うのは2番目以降のランナー(子株)です。

これなので、数が減ってしまったのですが、少ない方が実が大きくなるのです。

毎日のようにイチゴが収穫できたのですが今年は不作、1日で終わりです。2

また、この春にホームセンターで新規にイチゴを購入しましたが、それは実のなりが悪いです。

毎日のようにイチゴが収穫できたのですが今年は不作、1日で終わりです。3

冬の寒い状態から育った株のほうが、美味しいイチゴが収穫できるようです。

イチゴは、毎年ランナー(子株)で増えるので一度買えば毎年収穫が可能。

多年草ですが、新規ランナー(子株)での植え替えのほうが収穫は良いです。

家庭菜園は、究極の節約だと思います。

特にイチゴは手間もかからづ毎年収穫できるのでお勧め。

毎日のようにイチゴが収穫できたのですが今年は不作、1日で終わりです。4

プランター、ベランダでOKです。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

 カテゴリ


春の節約、今年は不調です。

究極の節約生活は、自給自足だと思います。


妻の実家も地方なので、家庭菜園というレベルではなく畑があります。

畑があれば自給自足が可能。

私の母の実家は、以前は農家だったのですが農業は跡継ぎがいなく廃業、今は朝一や道の駅などでの販売だけで、基本は家庭菜園と同様に家族で食べる分になっているようです。

私の場合は庭がないので屋上での栽培。

娘が小学生低学年の時は、本格的に家庭菜園をやったのですが、娘がは手伝うことはなし。

収穫も、小学校低学年の時は喜んでやってくれたのですが、高学年になるとそれもやらなくなり、今はアスパラとイチゴのみ。

アスパラガスは、大きめの鉢に植えると、10年以上手間入らずで毎年収穫ができます。

春の節約、今年は不調です。3

手間を掛け、肥料などもしっかり与えれば、それなりの大きさになるのですが、放置状態だったため今年はヒョロっと細いものばかり。

春の節約、今年は不調です。2

このアスパラの収穫が、我が家の春の訪れの合図となっています。

その後は、イチゴ。

春の節約、今年は不調です。1

昨年手間を掛けなかったので、今年は不作になると思います。

↓訪問もありがとうございます。以下のランキングもお薦め、凄いですよ。↓

にほんブログ村は、ランキングナンバーワンサイトです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人気ブログランキング は驚き!
ここまで酷い内容はありえなく架空ではと、掲示板でも話題です!↓



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます