猛烈社員で家庭を犠牲にするか、干されても家族が一番か?


これは子供がいるかいないかで、大きく変わりますね。

釣りバカ日誌 新入社員浜崎伝助 第1話 の話です。

ゲスト出演していた武田鉄矢さんは、猛烈社員だったのですがある問題で万年係長、社長(西田敏行さん)に仕事を干されていたのです。

ゲスト出演していた武田鉄矢

ドラマなので、釣りをきっかけに社長と和解、実は評価していたと支社長への移動をもちかけられます。

ところが朝本信一郎(武田鉄矢さん)はそれを断るのです。

その理由が共感できますね。

猛烈社員で家庭を犠牲していたのが仕事を干され、逆に家族との有意義な時間が取れたので、それは良かったとのことなのです。

また、この支社長への移動は定年を機会になので、定年後になり猛烈社員に戻ることはしたくなく、趣味だった釣りを満喫するのでと断ったのです。

私も娘が二人いるので、子供との時間が取れ良かったです。

私の会社も、以前は派閥がありました。


当時は残業時間も今からは考えられない月200時間とか。

毎日終電後のタクシー帰り。

土日も会社。

これがある時変わったのです。

普通では悪くですね。

相性の悪い方が出世し途端に仕事が減ったのです。

その方は自分の元部下に新規仕事を全て回し、実績を作ろうとしていたのです。

それは、リーマン・ショック後の最悪の時期。

新規仕事も取れずに空回りし、その方はいなくなりましたが。

今から思うと、最悪の時期に巻き込まれ無く、子供との時間も取れ良かったです。

その時頑張って役職が付いていたとしても手当は月5万。

お金より時間が大切。

猛烈社員から開放され、小学校から中学校という一番大事な時代を娘と過ごせたのすから。

見落としたドラマはYouTubeがお薦め。


今回の釣りバカ日誌 新入社員浜崎伝助 第1話は、留守録するのを忘れ見落としていました。

これをYouTubeでしらべたら、トラマがそのままアップされていました。

そのYouTubeをテレビで見ました。

今時の家電は修理するより買い替えがおすすめです。


ブルーレイレコーダー、東芝のDBR-Z410 を使っていたのですがディスクが使えない故障。

修理は2万円以上(最低ドライブ交換で)かかるのです。

それで新しい機種を調べると、ブルーレイディーガ DMR-BRW1000が42,800円(税・送料込み)。

これは4K対応で、YouTubeも見られる機種が楽天でセール、修理費との価格差を考えると断然お得。

これを書くのに、同ショップを見てみると、セール修了で今は58,104円 (税込) 送料込になっていました。

こちらはまだ安いです。

今はOEMの時代、メーカーが違っても互換性の問題はないのですね。


東芝のDBR-Z410との互換性はメーカーのホームページには書かれていませんが、試してみるとLANでのダビングはOKで問題ありませんでした。

録画済み再生も、BRW1000からDBR-Z410が再生できます。

DMR-BRW1000はYouTube対応なので、この様にテレビでYouTubeが見れるのも便利。

YouTubeはお勧め、レンタルビデオ代も節約できます。

皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村




 カテゴリ