芥川賞を受賞したピース又吉さんの「火花」です。


これだけ話題になっているのですか読まなければと、楽天Kobo電子書籍ストアで購入。

早速読みました。

期待しすぎたせいもあるのでしょうが、予想外と言うか期待はずれ。

芥川賞を受賞した作品でこれだけ話題になり、売れているのですが。

個人的には小説の内容以上に、商売になり儲かるから小を取らせたのでは?

と思ってしまいます。

広告を見ても、普通の小説で新聞全面広告はありえないですね。

数千万円かけて広告を出しているのですから、それ以上に儲かっているということですね。

電子書籍はお得?


この「火花」なのですが、書店で購入すると1,296円

それが電子書籍なら1,000円です。

読みたい時にいつでも買えます。

スマートフォンなので、通勤途中やどこでも読まるので便利なのです。

電子書籍は家族内なら回し読みもできます。


忘れることはないし価格も安いしお得だと思っていたのですが?

まだ話題の本なので、ブックオフなどの買取価格も高いのです。

もしかして、本で買って、ブックオフなどで買取ってもらったほうがお得だったかも?

その理由は、家族も読むかと思ったら、誰も読まないのです。

 カテゴリ
 タグ