薬のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:薬

薬のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2017-11-18健康
医療技術が進んでも、貧乏人には無関係なのですね。これは、日本経済新聞 電子版に出ていた記事なのですが、がんの特効薬の価格は、1回の治療で5300万円もかかるそうです。世界中の製薬会社が新薬開発にしのぎを削っているのですが、命を救うためと言うより、いかに儲けるかだと感じてしまいました。米国ボストンで開催された「CAR―TCRサミット」には、製薬大手やベンチャー企業、大学、医療機関に所属する一線の研究者が...

記事を読む

2017-02-06節約
医者で処方せん出してもらい、それを持って薬局に行く時に、お薬手帳を忘れてしまうと薬代が高くなることはご存知ですよね。ドラッグストアなどでの市販薬購入時のことではなく、薬剤師さんに薬を出してもらう時の話です。お薬手帳の目的的は、薬の服用状況の確認もあるので重要との話。飲み合わせの確認や、重複投与を防ぐことが目的です。薬局では、薬剤師さんが薬の確認をし、使用方法などを説明してくれるのですが、これは管理...

記事を読む

2016-12-22節約
薬は怖いです。以前薬疹になり全身に発疹ができ危ない目に会いました。その時は花粉症がひどく、私に母が医者で処方された薬が効果あるとそれを飲んだのが原因でした。突然全身に発疹ができ、家の近くの医者に行ったのですが原因不明で様子見。その症状がひどくなり、会社近くの医者に行ったら皮膚科を紹介されました。皮膚科に行くと、これは薬疹とのことた。症状がひどいので、強い薬を処方されましたが、その薬のおかげですぐに...

記事を読む

2016-10-22節約
十分に気をつけているつもりなのですが、うっかりミスが多いです。昨日は高熱でダウンし病院へ行きました。この病院でも節約ができると、準備をして行ったはずなのですが。私は処方された薬を、おくすりの詳細が書かれたブリントと一緒に保存しています。 お薬手帳もありますが、それだと分かりにくく、詳細が書かれたブリントならクスリの写真とどのような薬なのかの詳細がかかれているので。これがあれば、同様な症状に時に...

記事を読む

がんの特効薬が驚きの価格、1回の治療が5,000万円とあり得ない価格です!

  •  投稿日:2017-11-18
  •  カテゴリ:健康

医療技術が進んでも、貧乏人には無関係なのですね。


これは、日本経済新聞 電子版に出ていた記事なのですが、がんの特効薬の価格は、1回の治療で5300万円もかかるそうです。

世界中の製薬会社が新薬開発にしのぎを削っているのですが、命を救うためと言うより、いかに儲けるかだと感じてしまいました。

米国ボストンで開催された「CAR―TCRサミット」には、製薬大手やベンチャー企業、大学、医療機関に所属する一線の研究者が世界中から集結。

その参加費は1人あたり70万円との事で、今年の参加者は600人。

70万円払ってでも最新情報を知りたいと600人も集まるのですから、いかに新薬開発が儲かるかですね。

がんの特効薬が驚きの価格、1回の治療が5,000万円とあり得ない価格です!

この記事で驚いたのが、今年の8月にアメリカで発売された新薬の価格。

1回の治療にかかる費用が47万5千ドル(約5,300万円)もかかるとの事。

以前話題になっていた新薬「オプジーボ」の場合も、患者1人あたりに掛かる費用は年間約3,500万円。

こちらの新薬は、2017年に薬価が半額に引き下げられたそうですが、半額でも高額過ぎて一般庶民が支払える金額ではありません。

がん保険に入っていても、この価格は無理ですね。

老後の暮らしに必要なお金は、最低でも2千万円の貯蓄。

この金額は生きていくために必要なお金。


癌になっても長生きしたいのなら、治療1回分でさらに5,000万円が必要。

もっと長生きしたいなら、治療2回分で1億円。

お金がないのなら、健康な暮らしをすること。

そうでない場合は長生きを諦める事。

もし1億円あったら、私の場合は長生きを選ばずに、子供の将来の為に使いたいです。

1本5000万円? がん特効薬、上陸の衝撃

↓ポチッ としていただけると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ
 


処方薬でも節約、今はこんなに進んでいるのですね!

  •  投稿日:2017-02-06
  •  カテゴリ:節約

医者で処方せん出してもらい、それを持って薬局に行く時に、お薬手帳を忘れてしまうと薬代が高くなることはご存知ですよね。


ドラッグストアなどでの市販薬購入時のことではなく、薬剤師さんに薬を出してもらう時の話です。

処方薬でも節約、今はこんなに進んでいるのですね!お薬手帳です2

お薬手帳の目的的は、薬の服用状況の確認もあるので重要との話。

飲み合わせの確認や、重複投与を防ぐことが目的です。

処方薬でも節約、今はこんなに進んでいるのですね!お薬手帳です1

薬局では、薬剤師さんが薬の確認をし、使用方法などを説明してくれるのですが、これは管理指導料としてお金がかかっているのです。

なおで、お薬手帳があれば、この確認作業が軽減できると、値段が安くなるのです。

その料金を調べてみると、お薬手帳がある場合の管理指導料は380円、保険があので自己負担は3割で110円です。

ところが薬手帳なないと、管理指導料が500円になるので、自己負担は3割で150円になってしまいます。

その差は、お薬手帳が「ある」「ない」で40円安の差。

節約生活を頑張っている者としては、40円は大きいですよね。

でも、お薬手帳を持っていくのは面倒でよく忘れてしまいます。

これはやはり不便ですよね。

そう思って調べてみると、お薬手帳のアプリが李、すごく便利そうです。

お薬手帳のアプリは、過去に処方された薬の名前・量・日数・使用法などを記録できるアプリです。

副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記録できます。

薬のことも調べられるし、医者でもらった処方せんを、薬局にその場で送ることができ、薬も受け取る待ち時間も短縮されるとのこと。

これは便利だとアプリを探したら、複数のアプリが存在。

企画が統一されていなく、自分の利用している薬局が対応していなかったら意味がないのが現実。

このアプリの企画を統一しようとの動きもあるようですが、まだまだ時間かかりそうです。

薬局で話を聞いたら、やはり専用の機材導入などでお金がかかるからしばらくは予定がないとのこと。

ですが!

処方薬でも節約、今はこんなに進んでいるのですね!お薬手帳です3

この様に、薬の内容をQRコードで発行。

アナログですが、これを読み取ればお薬アプリに対応できるとのこと。

処方箋を即座に送ってなどのことに対応している所は、大手よりそれに関心のある個人店舗のほうが多いとの話でした。

チェーン店だと本社が決めることなので、早いのか遅いのかがわからないとのことでした。

これが実現すれば便利ですよね。

80差になる私の母は山ほど薬が貯まっています。

その薬が何のクスリかは理解していません。

この様に過去にもらっている薬を有効活用できるようになれば、節約効果も大きいですね。

LOHACO(ロハコ)や楽天を利用する前にチェックを!今ならキャンペーンで1,000円分のポイントが!


↓記事が参考になりましたら、ランキングの応援クリックお願いいたします↓

にほんブログ村 節約・節約術ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人気ブログランキング 節約・貯蓄


↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

 カテゴリ


薬の節約は一歩間違えれば死、節約効果は大きいのですが!

  •  投稿日:2016-12-22
  •  カテゴリ:節約

薬は怖いです。以前薬疹になり全身に発疹ができ危ない目に会いました。


その時は花粉症がひどく、私に母が医者で処方された薬が効果あるとそれを飲んだのが原因でした。

突然全身に発疹ができ、家の近くの医者に行ったのですが原因不明で様子見。

その症状がひどくなり、会社近くの医者に行ったら皮膚科を紹介されました。

皮膚科に行くと、これは薬疹とのことた。

症状がひどいので、強い薬を処方されましたが、その薬のおかげですぐに治りました。

他人に処方された薬を安易に飲むくことは問題で、下手をすると死に至ることもあると散々怒られました。

このことがあり、市販薬ではない医者から処方される薬は怖いと思っています。

ですが最近は、処方される薬の詳細のプリントが発行されるので、余った処方薬はそのプリントと一緒に保存しています。

薬の節約は、節約効果は大きいのですが一歩間違えれば死の恐れが! 

さらにお薬手帳もあるので、過去に処方された薬の内容も確認できます。

私が薬疹になった時は、どんな薬なのかも解らず母に処方された薬を飲んだのが原因。

しかも、その薬は問題があったようで、母がその後に医者に行ったとき、この薬は問題があるのでと違う薬を処方されたとのこと。

それをすらずに飲んだので問題が起きたのです。

80歳近い母なので、薬が多数残っています。

私は高血圧のため毎月医者に行っているのですが、今月は仕事の都合で医者に行けていません。

薬が切れたので、母の薬を見せてもらうと今飲んでいる薬とは違いますが、以前飲んでいた薬がありました。

薬の節約は、節約効果は大きいのですが一歩間違えれば死の恐れが!2 

この薬なら問題ないので、それをもらい来週医者に行けるまではこの薬で対処します。

数ヶ月前に、高熱でダウンして医者に行ったときも、以前インフルエンザになった時にこの薬を処方され、余っている薬があると伝えるとその薬を飲んでくださいとのこと。

同じ症状で、薬が余っていれば医者に行かなくてもその薬を飲んで対処することが出来ます。

熱を冷ます薬とか、痛みを和らげる薬とか書かれていのので。

それなので、薬の節約は大きいです。

金額だけでなく、医者に行く時間の節約のほうが大きいですね。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓


 カテゴリ
 タグ


しっかり節約できたと思ったら、またうっかりが!

  •  投稿日:2016-10-22
  •  カテゴリ:節約

十分に気をつけているつもりなのですが、うっかりミスが多いです。


昨日は高熱でダウンし病院へ行きました。

この病院でも節約ができると、準備をして行ったはずなのですが。

私は処方された薬を、おくすりの詳細が書かれたブリントと一緒に保存しています。

私は処方された薬を、おくすりの詳細が書かれたブリントと一緒に保存しています。2 

お薬手帳もありますが、それだと分かりにくく、詳細が書かれたブリントならクスリの写真とどのような薬なのかの詳細がかかれているので。

これがあれば、同様な症状に時に、その薬が使えるからです。

以前、親知らずが2本残っていて、歯医者に虫歯になる前に抜いてしまったほうが良いと言われ抜いたのですが、痛むどめの薬を処方されました。

1本目を抜いた時、痛み撫でなかったのでその薬は飲んでいません。

その翌週に1本目を抜いた時も、同じ薬を処方されました。

その薬は、市販の薬と比べれば自己負担30%なので格安ですが、無料ではなくお金を払っているのです。

なので今回は、以前インフルエンザになった時に処方された解熱剤が残ってたので、いたのでそれを先生に伝え残っているクスリを飲むことに。

幸いインフルエンザではなく単なる重い風邪で風邪薬と抗生剤が処方されました。

私は処方された薬を、おくすりの詳細が書かれたブリントと一緒に保存しています。 

その薬の金額は171点なので自己負担30%だと513円。

本来は解熱剤も処方されるところだったので、200円位の節約に。

また、今回も7日分処方されているので、同様な症状に時にはこの薬が使えます。

医者に処方された薬も、きちんと管理すればまた使えるのです。

ここで問題があるのは、他人に処方された薬を飲んだり飲ませたりすることは問題です。

ここで書いている、処方された薬を有効に使うことは、あくまで処方された本人がということ。

薬の量は薬の聞き方の強さが、人それぞれ違うと思うので。

このように医者でも節約をと思ったのに、マスクをうっかり忘れたのです。

たかが20円ですが、医者に行き熱があるとマスクの着用が必要。

他の患者さんへの感染を防ぐためですね。

これを知っていたので、新しいマスクを付け、出かけるつもりでいて家に忘れてしまったのです。

今回の診察では、インフルエンザの反応がマイナスだったため、レントゲンや血液・尿検査まで行い出費は5,500円。

節約生活では痛い出費。

風邪など引かないように注意することも節約ですね。

↓主婦にお薦めの情報や、参考になる節約レシピが多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓節約では済まない悲惨な状況の方が多くいるので、驚きです↓



↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます