今の若者は、牛丼以下の「貧乏めし」で節約しているそうです。


私が初めて務めた会社は銀座。

ランチは平均1,000円でした。

ラムステーキとか、800円の所もありましたが。

その後渋谷に転職。

給料も上がり、ランチは1,000円プラスコーヒー代で日1,500円。

朝も出社後モーニングに行きので1日平均2,000円。

ランチは時間的余裕が有る時は、赤坂の離宮へ行ったりしていました。

バブルなの給料が下がることは想像できなく、貯金したらもったいないと思っていました。

ところが今は。

サラリーマンのお小遣いはここ30年で史上最低。


サラリーマンのランチで牛丼すら買えない人が急増中なのです。

これは、日刊SPA! に出ていました。

サラリーマンの節約ランチが話題! 私のほうが勝っていますね!

牛丼以下の「貧乏めし」で節約するサラリーマンたち

サラリーマンの貧乏ランチ 1個50円のカップ麺で乗り切る男性もと出ていましたが、私の方が買っています。

基本ランチが弁当です。

その内容は夕食の残り物。

玉子焼きなどママさんの工夫で、単なる残り物だけではありませんが。

どれでも弁当なので節約になっています。

今、社内を見ても昔のように豪華ランチはあり得ないですね。

ワンコイン(500円)で売られている弁当を買ってきて車内で食べてる方が多いのです。

中にはカップ麺も。

私は若い頃からがんがえると、ありえない感じ。


景気良くなったと言いっても以前より悪い状態。

決して以前には戻っていないのでその影響ですね。


節約情報はこちらを見てもらえば、他の方の頑張りや、苦労が分かります。
参考になりますね。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



 カテゴリ
 タグ