節約のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:節約

節約のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-06-06DIYで節約
今回もDIYで2万円の節約、部材もネットで1万円の節約が出来たので、合計約3万円の節約です。これは先週の日曜日に起きた緊急事態。家のドアが閉まらなくなってしまい、外出できなくなったとと間から電話。買い物にも行けないので、今すぐ帰ってこいとの電話です。この状況で、ハウスメーカーに電話して、緊急対応を頼んだら3万円越えの出費になっていたかと思います。洗面所のシャワー水栓を交換したのがDIYの始まり。ハウスメーカ...

記事を読む

2018-04-12生活
クレジットカードで、絶対やってはいけない事は、支払いの延滞(滞納)です。危うくブラックリストになるとことでした!クレジットカードの支払いの延滞(滞納)をしてしまうと、クレジット会社に記録されるだけにとどまらず、第三者機関である個人信用情報機関にも延滞の事実が記録されてしまいます。この個人信用情報機関に延滞の記録をされてしまうと、とんでもないことになります。新規クレジットカードが作れなくなるのは問題...

記事を読む

2018-03-05節約
我が家にには関係ないと思う事故が起きてしまいました。それは、凍結による屋上の水漏れです。記録的な寒波の影響です。ハウスメーカーからも、記録的な寒波の影響により、外部散水栓(屋上、ベランダ、車庫)などの凍結の問合せを多くいただいておりますとのメールがきていました。業者に来てもらったのですが、その日は応急処置だけ。忙しいようで、対応は翌週となりました。パイプが外れただけなのですが、今後の事を考えこれを...

記事を読む

2018-01-22節約
寒さが厳しくなり、手袋も必要な季節に。ですが、手袋をしているとスマートフォンが使いづらいので、私は手袋を使っていません。そんなことを妻に話したら、どんな手袋でも簡単にスマホ対応に出来る裏技があるとのこと。スマホ対応手袋はありますが、それが反応してくれない場合でもOKと言うか、反応しないはずがない方法とのこと。これには驚きでした。なんのためらいもなく、私の手袋をカット。この状態です。 これならスマ...

記事を読む

2017-12-18健康
50代の方の悩みは、老後のお金の心配と老化現象です。私の場合はどちらも解決のめどが立たない重要な問題です。老後のお金の心配は、年金で最低限の暮らしをするしかなく、生きて行くことは可能なので何とかなるかと思っています。ですが、老化現象はつらいです。40代ですでに老眼をかけている方が多数いましたが、私の場合視力はよかったので問題なし。50代になってもメガネをかける必要はなかったのですが、会社のPCがモバイルPC...

記事を読む

緊急事態が起きた時こそ、冷静に対処すれば大きな節約に!

今回もDIYで2万円の節約、部材もネットで1万円の節約が出来たので、合計約3万円の節約です。


これは先週の日曜日に起きた緊急事態。

家のドアが閉まらなくなってしまい、外出できなくなったとと間から電話。

買い物にも行けないので、今すぐ帰ってこいとの電話です。

この状況で、ハウスメーカーに電話して、緊急対応を頼んだら3万円越えの出費になっていたかと思います。

洗面所のシャワー水栓を交換したのがDIYの始まり。

ハウスメーカーで見積もりを取ると、8万円越えだったのですが、こてはDIYで数千円。

これから、自分で交換できるものはDIYで交換しています。


今回交換したのは、ドアクローザーで、簡単な作業なはずだったのですが、使用されていた商品が製造中止に。

この商品は、ニュースター 5000シリーズで、積水ハウスやへーベルハウス専用モデルも販売されていました。

積水ハウス用は16,200円(税込)、旭化成ヘーベルハウス用は2015年8月に完全製造中止となっています。

ですが、専用モデルと汎用モデルの違いはステーのみ、本体は同じなので交換可能。

更に、楽天が最安値、この部品を流用すれば、低価格でDIYでの交換が可能です。


ドアクローザーは、リバーシブルタイプなので、左右どちら開きでも対応します

ニュースター 5000シリーズなら、積水ハウスやへーベルハウスにも対応可能1

問題なのはステーなのですが、古いステーをそのまま流用するのなら本体を交換するだけ。

ニュースター 5000シリーズなら、積水ハウスやへーベルハウスにも対応可能2

旭化成へーベルハウスは、このネジが3つなのが特徴。

ニュースター 5000シリーズなら、積水ハウスやへーベルハウスにも対応可能3

この部分のみを再利用し、他はすべて新しくしようと思ったら問題が?

ニュースター 5000シリーズなら、積水ハウスやへーベルハウスにも対応可能5

ステーに長さが足りなく、中間の部材も再利用することで、問題なく交換できました。

ニュースター 5000シリーズなら、積水ハウスやへーベルハウスにも対応可能6

これを、旭化成ホームズに頼んでいたら、8万円コースになっていたかと思います。

旭化成的には取り扱いをやめた旧商品なので、新しいタイプへの交換になったかと思います。

そうなると、ドアへの散りつけも新しくネジ穴をあけたり作業が増え、その分の請求が来るので。

ドアクローザーの寿命は、15~20年。

油圧なので、動きがおかしくなった場合の修理は不可能で、交換するしかありません。

これが、DIYなら7,000円台の出費で済むので、ドアの閉まりがおかしくなっていたら、DIYでの交換をお勧めします。

汎用品なら、まだ部品は売られているので。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓



クレジットカードの恐怖、危うく人生真っ暗になるとことでした!

  •  投稿日:2018-04-12
  •  カテゴリ:生活

クレジットカードで、絶対やってはいけない事は、支払いの延滞(滞納)です。


危うくブラックリストになるとことでした!

クレジットカードの支払いの延滞(滞納)をしてしまうと、クレジット会社に記録されるだけにとどまらず、第三者機関である個人信用情報機関にも延滞の事実が記録されてしまいます。

この個人信用情報機関に延滞の記録をされてしまうと、とんでもないことになります。

新規クレジットカードが作れなくなるのは問題ないかと思いますが、各種ローン(ショッピングローンや自動車ローン、住宅ローン等)が組めなくなったりもしてしまうのです。

金銭的に余裕があり、マンションの購入をとローンを申し込でも、個人信用情報機関に延滞の記録があると、ローンが組めないのです。

お金があっても、家や車をを購入する場合や、リフォームなどの場合、ローンを組むことがあるかと思います。

それが、クレジットカードの支払いの延滞(滞納)をすることで、出来なくなってしまうのです。

今月は危うい所でした。

スマホで銀行口座を調べると、マイナス97,701円。

定期預金があるのでマイナスでも問題ないのですが、JCBカードの引き落とし額は26万円。

それ以外に、Dカードの引き落としが2万円。

Dカードは、新規発行で2万円以上の利用があれば、1万円分のポインがもらえるから利用しました。

この引き落としが4月10日。

銀行口座を調べると、定期預金があってもそれを上回る金額。

クレジットカードの恐怖、危うく人生真っ暗になるとことでした!

事前に気が付き、大問題になる前に回避しました。

他に預金している、節約預金からお金を振り込みました。

節約預金は、日常の支払いで使っている口座に貯めても、お金がたまらないと思い、別の銀行にしています。

そこから5万円を振り込みました。

お金があっても、ローンを組むことはあるかと思います。

クレジットカードでの延滞(滞納)は、絶対やってはいけない事。

皆さまもご注意ください。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


1月に起きた緊急事態の出費は0円、こさすが○○ハウス!

  •  投稿日:2018-03-05
  •  カテゴリ:節約

我が家にには関係ないと思う事故が起きてしまいました。


それは、凍結による屋上の水漏れです。

これは最悪な出来事です。
記録的な寒波の影響です。

ハウスメーカーからも、記録的な寒波の影響により、外部散水栓(屋上、ベランダ、車庫)などの凍結の問合せを多くいただいておりますとのメールがきていました。


業者に来てもらったのですが、その日は応急処置だけ。

忙しいようで、対応は翌週となりました。

パイプが外れただけなのですが、今後の事を考えこれを繋ぐだけではなく補強が必要との事。

通常この手の工事は、出張費だけで1万円は請求されます。

応急処置、補強作業と2回になったので、4万円程度の請求が来るかと思っていました。

ですが請求が来ないのです。

2月中には請求が来るかと思っていたのですが、3月になり今だに請求が来ないので、これは無償工事。

凍結で水漏れはありえないと、いろいろ文句を考えていました。

また、証拠写真も撮って準備していました。

新築から20年(正確には19年)で家の塗り替えを行い、その時に外のパイプの保護パーツの交換も頼んでいたのに、劣化した保護パーツをテープで巻き直しただけ。

これが原因だと言おうと思い、準備していたのですが、さすが○○ハウス。

中古住宅が、外車の正規認定中古車の様に、正規認定中古物件として、ストック○○ハウスとして売られているので。

記録的な寒波でも、○○ハウスなら影響はないとの事ですね。

この様な対応は嬉しいです。

家を建てた時は、大成建設のパルコン、パナホーム、セキスイハイム、ダイワハウスなど、ハウスメーカー数社と交渉。

価格面で条件が一番良かったのはパナホーム。

○○ハウスとの差は、500万円以上ありましたが、当時(20年前)○○ハウスはハウスメーカーのメルセデスと呼ばれていてブランドイメージは他のメーカーとは比べられないほど良かったのです。

今回の事はさすがだとは思いましたが、今から思うとパナホームで十分。

この価格差が、今になって響いています。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ


どんな手袋でも簡単にスマホ対応に出来る裏技、これには驚きというか勘弁です!

  •  投稿日:2018-01-22
  •  カテゴリ:節約

寒さが厳しくなり、手袋も必要な季節に。


ですが、手袋をしているとスマートフォンが使いづらいので、私は手袋を使っていません。

そんなことを妻に話したら、どんな手袋でも簡単にスマホ対応に出来る裏技があるとのこと。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6951307074397367"
data-ad-slot="2651100766">



スマホ対応手袋はありますが、それが反応してくれない場合でもOKと言うか、反応しないはずがない方法とのこと。

これには驚きでした。

どんな手袋でも簡単にスマホ対応に出来る裏技、2

なんのためらいもなく、私の手袋をカット。

この状態です。

どんな手袋でも簡単にスマホ対応に出来る裏技、3 

これならスマホ対応手袋というより、指出し手袋。

指紋認証も問題ないのは当たり前です。

でも、これはあり?

こんな事ではなく、手袋自体がマホ対応しているものが欲しかったと行ったら、翌日マホ対応の手袋を買ってきてくれました。

どんな手袋でも簡単にスマホ対応に出来る裏技、

150円の商品ですが。

これをネットで調べたら、指紋認証シールがあるのですね。

特許出願中の「Diper ID」という指紋認証シールで、お手持ちの手袋に貼ることで、Touch ID によるロック解除が出来るほか、タッチスクリーンの画面操作が可能になります。

これが欲しかったのです。

妻に聞く前に、ネットで調べればよかったと後悔しています。


それにしても、なんのためらいもなく、私の手袋をチョッキン。

たしかに安上がりな方法。

これを使ってみて、寒さを凌ぐことへの影響はありません。

それなので、はじめから指先に穴が空いた手袋は売られているかと思うのですが、まだ見たことがありません。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


50代の恐怖、このダブルパンチは辛いです。

  •  投稿日:2017-12-18
  •  カテゴリ:健康

50代の方の悩みは、老後のお金の心配と老化現象です。


私の場合はどちらも解決のめどが立たない重要な問題です。

老後のお金の心配は、年金で最低限の暮らしをするしかなく、生きて行くことは可能なので何とかなるかと思っています。

ですが、老化現象はつらいです。

40代ですでに老眼をかけている方が多数いましたが、私の場合視力はよかったので問題なし。

50代になってもメガネをかける必要はなかったのですが、会社のPCがモバイルPCに変わり、文字か小さく見えづらかったので老眼を使うように。

老眼をかけるようになったら、一気に視力が落ちてしまった感じです。

自宅のデスクトップなどは問題なかったのですが。

老眼をかけるようになったら、自宅のデスクトップや本を読む時も、老眼がないと見えづらく感じるようになってしまい、老眼が必要となってしまいました。

ここ1年の話です。

今までメガネを利用していなかったので、すごく不便です。

遠近両用は、夜車を運転するときだけで。

見えずらくて使っていません。

中近両様も作りました。

これは、細かい文字の資料などがあるときの会議では重宝しています。

それ以外、PC作業などは、通常の老眼の方がゆがみが少なく見えやすいです。

50代の恐怖、このダブルパンチは辛いです。

私の場合は耳の問題もあります。

日常生活では問題ないのですが、会議などで小さな声でぼそぼそ話す人の声が聞き取れないのです。

それなので、収音機と補聴器を持っています。

メガネの事があるので、これを日常で使ったら着けていなければ会話が聞き取れなくなってしまいそうなので、重要な会議以外は使用していません。

メガネ同様に、補聴器もなれないので違和感があります。

価格の安い(1万円程度)の収音機の方が聞きやすい気もするのですが収音機はイヤホンなので、重要な会議では使いにくい感じ。

見ることと聞くこと。

この機能が50代になり急に衰えてしまったので、これはつらいです。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます