年金のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:年金

年金のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-10-05定年後
これは、私も知らなかった制度で、厚生労働省の雇用保険制度です。雇用保険制度のページに、高年齢雇用継続給付金のことが書かれていました。雇用保険には、60歳以降の再雇用で収入が減ってしまた収入をカバーしてくれる、高年齢雇用継続基本給付があったのです。高年齢雇用継続給付は、2種類の給付金があります。基本手当を受給していない方を対象とする【高年齢雇用継続基本給付金】基本手当を受給し再就職した方を対象とする【...

記事を読む

2018-05-18定年後
年金が20万年もらえたとしても、最低3,000万年の老後資金がないと、人並みの生活は出来ないと言われています。これを調べて見ると、月額約35万円が必要と言われている根拠は、公益財団法人生命保険文化センターがおこなったアンケート調査の結果が元の様でした。この資金になるのは退職金。大企業で2,374万円、中小企業で1,139万円と言うのが経団連と東京都産業労働局がまとめた退職金の平均金額。私は勤めている会社の場合は、子...

記事を読む

2018-04-14未分類
財務省は、厚生年金の支給開始年齢を68歳にする案を財政制度分科会に示しました。少子高齢化による年金財政悪化に歯止めをかけるのが狙いとのことです。年金支給開始年齢は、60歳から段階的に引き上げられ、男性は2025年、女性は30年までに、65歳となることが既に決まっています。これを68歳に引き上げるとの事です。支給開始年齢の引き上げは、主要先進国(アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア)でも実施されていると...

記事を読む

2017-12-03定年後
老後の生活資金として、最低でも3,000万円の貯蓄が必要だというのは一般論です。これは、日本人の平均寿命から来た数字のようで、日本人の平均寿命は男性は約80歳、女性は86歳です。60歳が定年。60歳から65歳までの雇用延長は、年金が支給されるまでの救済策になってしまったのでそれは計算外です。80歳まで生きるとした場合、60歳の定年から20年。年金だけでは生活できなく、さらに年間150万円は必要との計算です。私の場合は、祖...

記事を読む

2017-11-25学費
娘の進学問題は、定年退職後の再雇用制度が原因です。50歳になる前に、私の勤めている会社も定年延長を発表、これで安泰がと思ったら大違い。定年延長の実態は、延長ではなく定年退職後の再雇用なのです。定年退職後の再雇用は、以下の内容は一般的な例です。定年退職後の再雇用は、55歳の段階でどちらかを社員が選択します。再雇用コースト、定年コースです。①55~60歳までの賃金を10%減額し、減額した分が60歳以降の再雇用時に手...

記事を読む

定年再雇用で賃金が減ると、雇用保険から給付金がもらえる?

  •  投稿日:2018-10-05
  •  カテゴリ:定年後

これは、私も知らなかった制度で、厚生労働省の雇用保険制度です。


雇用保険制度のページに、高年齢雇用継続給付金のことが書かれていました。

雇用保険には、60歳以降の再雇用で収入が減ってしまた収入をカバーしてくれる、高年齢雇用継続基本給付があったのです。

高年齢雇用継続給付は、2種類の給付金があります。

基本手当を受給していない方を対象とする【高年齢雇用継続基本給付金】

基本手当を受給し再就職した方を対象とする【高年齢再就職給付金】

私の場合、定年再雇用となる予定で、再雇用後の収入は大幅にダウンしてしまいます。

再雇用の場合は【高年齢雇用継続基本給付金】の対象となるようで、定年再雇用で収入が下がってしまった場合、60歳から65歳になる月まで給付金がもらえます。

給付額の例は、月収30万円(賃金日額が1万円)だった人が、再雇用後、月収18万円になった場合、月額2万7000円が支給されるとのこと。

定年再雇用で賃金が減ると、雇用保険から給付金がもらえる?

再雇用ではなく、そのまま定年退職して、雇用保険の失業給付を受け、その支給期間を100日以上残して再就職した場合は、【高年齢再就職給付金】が受けられるそうです。

これは知らなかったので、さらに詳しく調べてみたいと思います。

また、この事を知っている方がいましたら、教えていただきたく思います。

65歳まで給付金が支給されたら、老後の生活が楽になるので。

Q&A~高年齢雇用継続給付~

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ


老後の生活に必要な金額が月35万円と言うのは嘘?

  •  投稿日:2018-05-18
  •  カテゴリ:定年後

年金が20万年もらえたとしても、最低3,000万年の老後資金がないと、人並みの生活は出来ないと言われています。


これを調べて見ると、月額約35万円が必要と言われている根拠は、公益財団法人生命保険文化センターがおこなったアンケート調査の結果が元の様でした。

この資金になるのは退職金。

大企業で2,374万円、中小企業で1,139万円と言うのが経団連と東京都産業労働局がまとめた退職金の平均金額。

後の1必要な生活に必要は金額が月35万円と言うのは嘘?

私は勤めている会社の場合は、子の平均額より多いいのですが、私の場合は中途入社なので、平均額に満たないかと思います。

その退職金をどのように使いかのアンケートを見ると、退職金の使用目的として最も多かったのが「定年後の生活費」(52.2%)。

次いで「ローン・負債の返済」(20.8%)、「住宅や車」(8.8%)、「万一の備え」(7.4%)、「趣味」(5.6%)、「その他」(3.1%)、「家族・子どもへの贈与」(2.0%)です。

私の父親は、セルシオを購入し、残りのお金はすべてパチンコと、最低の親でした。

私の場合は、約3分の2が住宅ローンの返済で消えてしまいます。

老後の生活に最低月35万円は必要との事でさらに調べると、年金受給年齢の65歳までにまだ時間があるので資産運用や節約をして貯蓄をするようにとの事。

また、住宅ローンもなく、子供が独立していれば、25万年程度の収入でも夫婦二人なら問題ないと出ていました。

我が家の場合は、家の塗り替えは行っているので(あと20年は問題なし)、残すは屋上などの防水シートの張替えで250万円程度の出費。

勧めが無事に大学に合格に、就職して家にお金を入れてくれるようになれば問題はすべて解消なのですが?

女の子なので難しいと思います。

老後は夫婦二人の生活になるので、パートではなく何か資格を取ってと妻に言って激怒されたことがあります。

今回私は会社で資格を取るようにとなり、無事に合格。

これも、さらに頑張り上級の資格が取れれば、定年後の仕事として生かせるのですが、それは不可能な話。

初級ですが、私だって資格を取れたのだからと話と、さらに激怒されてしまいました。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


年金支給が68歳に、これは大問題です!

  •  投稿日:2018-04-14
  •  カテゴリ:未分類

財務省は、厚生年金の支給開始年齢を68歳にする案を財政制度分科会に示しました。


少子高齢化による年金財政悪化に歯止めをかけるのが狙いとのことです。

年金支給開始年齢は、60歳から段階的に引き上げられ、男性は2025年、女性は30年までに、65歳となることが既に決まっています。

これを68歳に引き上げるとの事です。

支給開始年齢の引き上げは、主要先進国(アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア)でも実施されているとの事です。

年金支給が68歳に! 

年金支給が68歳に引き上げる事は問題ではありません。

これを決める前に、雇用問題を改善してほしいです。

現在の雇用は、定年が来る60歳まで。

60歳を過ぎてからは、年金が支給される65歳までの再雇用はあるのですが、定年延長ではないので厳しい現実。

年収1,000万円もらっていても、再雇用での収入は年収240万円。

これでは生活できないです。

会社としては、定年延長を希望する全社員が対象なので、この項な制度となっています。

以前は、会社として定年後も残ってほしい社員だけだったので年収は維持。

それなので、現状は(定年時は分かりませんが)は、年金支給年月ではなく、定年後の雇用関係を改善してほしいです。

定年された方で、優秀な方はそのまま60歳で会社を辞めています。

転職はリスクを伴うので、出来れば今のまま定年後も年収が維持できるのが理想です。

この年齢だけでの判断がおかしいと個人的には思います。

見た目だけの話ですが、私の場合は40代で通用します。

10歳くらい年下の方が、取引先で私より年上に見られています。

立場上は当然私の方が上。

それなので、実年齢だけでの定年が解消してくれればと思うのが個人的意見。

これが実現すれば、娘の学費問題が解決するので。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


定年後の資金として3,000万円を貯められなかった場合は悲惨な老後に?

  •  投稿日:2017-12-03
  •  カテゴリ:定年後

老後の生活資金として、最低でも3,000万円の貯蓄が必要だというのは一般論です。


これは、日本人の平均寿命から来た数字のようで、日本人の平均寿命は男性は約80歳、女性は86歳です。

60歳が定年。

60歳から65歳までの雇用延長は、年金が支給されるまでの救済策になってしまったのでそれは計算外です。

80歳まで生きるとした場合、60歳の定年から20年。

年金だけでは生活できなく、さらに年間150万円は必要との計算です。

定年後の資金として3,000万円を貯められなかった場合の悲惨な老後?

私の場合は、祖父は50代、父は72歳で死んでいます。

私が勤務している会社の場合、定年してから数年で死んでいる方が多いいです。

そう考えると、父より長生きしたとして、75歳の寿命で計算すると2,250万円。

また、父の場合は定年後の資金は0円。

55歳で早期退職。

3,000万円はあったと思われる退職金は、退職後に高級車のセルシオを購入。

働かないで毎日パチンコ。

5年で使い果たしました。

それでも問題なかったのは、私が親と同居をして家を新築したからです。

これで思うのは、我が家は子供は二人いますがいずれも女の子。

将来は、夫婦二人での生活。

私は早く死んでも妻の将来があるので、3,000万円は無理でも、将来の為に預金はしておきたいと思います。

それなのに、娘の受験問題があり、老後の生活は不安だらけです。

↓ポチッ としていただけると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓
 カテゴリ
 タグ


娘の進学問題は、定年退職後の再雇用制度が原因です。

  •  投稿日:2017-11-25
  •  カテゴリ:学費

娘の進学問題は、定年退職後の再雇用制度が原因です。


50歳になる前に、私の勤めている会社も定年延長を発表、これで安泰がと思ったら大違い。

娘の進学問題は、定年退職後の再雇用制度が原因です。

定年延長の実態は、延長ではなく定年退職後の再雇用なのです。

定年退職後の再雇用は、以下の内容は一般的な例です。

定年退職後の再雇用は、55歳の段階でどちらかを社員が選択します。

再雇用コースト、定年コースです。

①55~60歳までの賃金を10%減額し、減額した分が60歳以降の再雇用時に手当として支給されるコース。

②60歳まで、賃金は通常に支給され、60歳になったら定年。

55歳時点で定年退職コースを選択した社員は、56歳以降定年退職後再雇用コースに移行することはできません。

私の勤めている会社でも、56歳からで減額率は異なりますが、似たような条件となっています。

この制度ができる前は、会社が必要な人材は、給料の減額はなく、契約社員(1年更新)として雇用されていました。

また、現在の制度では、60歳以降の再雇用でもらえる収入は現役時代の3分の1以下で大幅な減収です。

この報酬は、定年前に減収されていた分が含まれてなので、実質現役時代の報酬の4分の1程度となってしまうのです。

その程度の給料なら、転職すれば稼げるのですが???

再雇用者は、基本的に定時勤務で、伝票管理など楽な仕事。

これに対して、再就職をすれば、現役時代のコネを生かした新規業務の獲得などが求められます。

違う業種に転職しても、ノルマがあるでしょうから、60歳以降の再就職としては厳しいと思います。

この様な制度がなく、65歳まで今の収入のまま働けていたら、娘二人の大学進学問題は解決していました。

この歳になると、年齢は個人的な差が大きいです。

年上だと思っていた人が、5歳年下だったりするので。

残された期間は少ないですが、この制度を変えてほしいですね。

せめて、娘が大学を卒業するまで現役の給料がもらえたら、学費問題は解消していました。

↓ポチッ としていただけると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓
 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます