定年後のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:定年後

定年後のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-04-04定年後
これは、朝日新聞に出ていた記事です。60歳を過ぎると、雇用も再雇用となり収入が激減するのは今や常識。この例では、再雇用の給与は年間260万円。個人年金に加入していて、70歳までの10年間、毎年80万円をもらえる計算です。私も、個人年金に加入していますが、70歳までの10年間、年40万円とこの例の半分です。20代後半に入った年金保険。月7,000円程度の金額が、給料から自動で引き落とされています。加入したのが30年以上前なの...

記事を読む

2017-10-08定年後
公務員は、雇用の延長ではなく給料体形を維持した雇用の延長を検討しています。現在60歳の国家公務員と地方公務員の定年を65歳に延長するとの事です。雇用の延長はすでに多くの企業が実施していますが、その実態は再雇用による雇用延長です。私がこのブログを始めたのも、50代になり会社で開催された講習を受けたのが切っ掛け。定年が60歳から65歳に変更されたのだと思っていたら、給料体形を維持した雇用の延長ではなく、再雇用と...

記事を読む

2017-08-03定年後
サラリーマンの場合とは正反対の仕事があるのですね。これは私の高校時代の同級生の話。私が卒業した高校は、御三家の下のランクで、名門男子校です。2016年に実績でも東大に10名進学しています。ですが・・・私が通っていたころはヤンキー校?昔と今では高校のレベルは全く変わっています。娘にもパパが通っていたころの○○高校は、昔はヤンキー校なんて話をしてしまったのが失敗。パパは名門高校卒業だと話しても昔の話を覚えてい...

記事を読む

no-image

2017-05-27クレジットカード
私も50代になるまで老後のことを考えたことがありませんでした。実際には、50代になった社員を対象とした定年に向けての研修があったからです。定年延長で今は65歳まで働けるのですが、現実は定年延長ではなく辛い老後が待ち構えているとの説明で、そのために預金をしなければという内容の研修でした。60歳になると定年です。退職金で、住宅ローンを早期返済し、ローンのないお老後のスタートが基本でした。正社員時代、例として毎...

記事を読む

2016-06-02定年後
節約は贅沢?本当にお金に困ったら節約なんて出来ないそうです。節約ができること事態が贅沢なことなのだと言われてしまいました。固定費の節約、食材の節約、欲しいものも我慢しての節約をしいるのですが、これは節約ではなく笑い事だと言われてしまいました。本当にお金に困っている人から見ると、節約なんてありえないことなのです。定年して一人暮らしの知り合い(お金に困っているらしいです)と、たまたま話をしたのですが、...

記事を読む

定年後の生活、公的年金だけでは厳しく、企業年金や個人年金が最低限の条件のようです。

  •  投稿日:2018-04-04
  •  カテゴリ:定年後

これは、朝日新聞に出ていた記事です。


60歳を過ぎると、雇用も再雇用となり収入が激減するのは今や常識。

この例では、再雇用の給与は年間260万円。

個人年金に加入していて、70歳までの10年間、毎年80万円をもらえる計算です。

定年後の生活、公的年金だけでは厳しく、企業年金や個人年金が最低限の条件のようです。

私も、個人年金に加入していますが、70歳までの10年間、年40万円とこの例の半分です。

20代後半に入った年金保険。

月7,000円程度の金額が、給料から自動で引き落とされています。

加入したのが30年以上前なので、今では考えられない利率なのでお得だったのですね。

年40万円は、老後に毎年1回海外旅行に行けるようにと思った金額。

この様な状況になるとは思ってもいなかったので。

今となっては、定年後の年40万円は大きいです。

20代後半のころは、年収は今の倍くらいになり、老後の生活は苦労しないと思っていたので。

また、この記事を見ると、企業年金も大きいです。

残念ながら、私が勤めている会社に企業年金はありません。

勤めている会社が、年金基金などに入っていれば、65歳から企業年金がもらえるとの事で、新聞の例では年60万円です。

老後のための貯蓄と思っても、車買い替えなどお金が必要になれば使ってしまいます。

それなので、貯蓄は厳しいですが、年金保険などの個人年金に加入していれば、多少でもお金が貯まります。

私の場合、これが月14,000だったら、10年間毎年80万円をもらえたので残念、今から思うと月20,000円位にしておけば良かったと思います。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


公務員の定年延長の影響か、給料体系を維持した定年延長を発表する企業が!

  •  投稿日:2017-10-08
  •  カテゴリ:定年後

公務員は、雇用の延長ではなく給料体形を維持した雇用の延長を検討しています。


現在60歳の国家公務員と地方公務員の定年を65歳に延長するとの事です。

公務員の影響か雇用延長を発表する企業が、給料体系を維持した雇用の延長です。

雇用の延長はすでに多くの企業が実施していますが、その実態は再雇用による雇用延長です。


私がこのブログを始めたのも、50代になり会社で開催された講習を受けたのが切っ掛け。

定年が60歳から65歳に変更されたのだと思っていたら、給料体形を維持した雇用の延長ではなく、再雇用となり60歳からは年収が激減するとの話を聞いたのです。

再雇用後の収入は月収20万円。

20万円では生活できないです。

さらに、講習では今後どのようなことでお金が掛かるのか、老後はどうなるのかなど心配になる事ばかりでした。

月収が額面で20万円では、会社にいる意味がないと調べてもいましたがこの金額は考えられた金額。

20万円より多くの報酬を得ようと思うと、仕事はハードになります。

現状での雇用延長なら、定年後は伝票整理など定時で帰れる仕事。

この様な状況なので、娘の大学進学も金銭的な問題が。

こんなことを思っていたら、技術員の定年を65歳まで延長すると発表した企業のニュースが。

その企業は株式会社東急コミュニティーです。

技術力の継続確保と経験豊富な技術員のノウハウを継承する為に、技術員約1,200名に対して、定年を現行の60歳から65歳へ延長すると発表しました。

東急コミュニティーは、「定年再雇用制度」も実施していましたが、正社員としての雇用を継続できる定年延長を導入。

この差は大きいです。

私の勤めている会社でも、定年再雇用ではなく、正社員としての定年延長が導入されれば、学費問題などすべてが解消されるのですが。

ですが、50代社員は仕事を下請け企業にぶん投げする方が多く、会社からも評価されていない方が多く、私の勤めている会社で定年延長は考えられなく残念です。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓
 カテゴリ
 タグ


これがあるので国立大学出身は、年を取るほど有利なのです。

  •  投稿日:2017-08-03
  •  カテゴリ:定年後

サラリーマンの場合とは正反対の仕事があるのですね。


これは私の高校時代の同級生の話。

私が卒業した高校は、御三家の下のランクで、名門男子校です。

2016年に実績でも東大に10名進学しています。

ですが・・・

私が通っていたころはヤンキー校?

昔と今では高校のレベルは全く変わっています。

娘にもパパが通っていたころの○○高校は、昔はヤンキー校なんて話をしてしまったのが失敗。

パパは名門高校卒業だと話しても昔の話を覚えていて、昔は馬鹿学校だったのでしょうと言われてしまいます。

そんな馬鹿学校でも同じクラスの同級生が二人も最上級の国立大学に合格しています。

これがあるので国立大学、年を取るほど有利な仕事なのです。

その同級生は、大学を卒業してもフリーター。

なんで就職しなかったのかは数年前にわかりました。

それは同窓会の時の話。

国立大学卒業で、やりたいことを突き詰めた結果は、二人とも名のある先生になっていました。

学校の先生とは違い先生なので、40代より50代、50代より60代と年を取るごとに貫録が付きます。

昔は、せっかく国立大学を卒業したのに就職もしないでなんて思っていたら、今となっては彼らが勝ち組。

サラリーマンだと60歳になれば定年で2次雇用。

彼らはこれからが稼げる年。

人生分からないですね。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


老後を考えると不安な事ばかり、これは朗報か老後対策用にお得な爺カードが!

私も50代になるまで老後のことを考えたことがありませんでした。


実際には、50代になった社員を対象とした定年に向けての研修があったからです。

定年延長で今は65歳まで働けるのですが、現実は定年延長ではなく辛い老後が待ち構えているとの説明で、そのために預金をしなければという内容の研修でした。

60歳になると定年です。

退職金で、住宅ローンを早期返済し、ローンのないお老後のスタートが基本でした。

正社員時代、例として毎月50万円もらっていた給料が、60歳から65歳までは再雇用となるので月20万円に下がるとの説明。

これは定年延長ではないですよね。

おまけに、住民税は前年の年収で計算されるため、定年翌年は退職金を含めた年収と計算されるので、月20万円の月収では生活できないので貯蓄が必要との事。

こんな研修を受け、将来が不安になりこのブログを始めました。

こちらは、悩んでいないでプラス思考で考え、カッコよく年を取らないと損で書いた過去記事です。


嫌いな男ナンバーワンだった出川さんも、カッコよく年を取り、今では好感度のあるる可愛いおやじに変身しています。

私の場合を考えると、体調が悪いので、もしかしたら保険に投資していた分が、ようやく回収できる?なんてマイナスな事しか思い浮かびませんが。

そんなことを思っていたら、イオンではお得な爺感謝デーが開催されているのです。


G.G感謝デーが正式名称ですが、55歳以上のお客さまがおトクになる感謝デーなので、G.Gはジジイの事ですよね。

これがB.Bなら、ババー感謝デー、G.Bならジジババ感謝デー。

G.G感謝デーではなく、もっと気の利いたネーミングにできたのではと思いますが。

このG.G感謝デーは毎月15に開催されます。

対象店舗は、全国のイオン、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグです。

対象カードのクレジット決済で、買い物が5%OFF!

さらにWAONでの支払いなら、買い物が5%OFF+ポイントも2倍貯まります。

この爺カード(G.Gカード)は、55歳以上の方が対象で、新規申し込みならG.Gマーク付に、カードをお持ちで55歳になられた方はオンラインでのカード切替手続で、かんたんに、爺マーク(G.Gマーク)付イオンカードに切替ができます。

私も爺カード(G.Gカード)はお得なので、55歳になったら切り替えようと思います。

過去記事でも書きましたが、WAONへのチャージでポイントがもらえるクレジットカードは、イオンカードセレクトだけ。



JALのマイルはどうなのかを調べたら、55歳以上限定で、JMB G.G WAONカードがありました。


こちらは、JALならではの特典があり、マイルの有効期限が、36カ月→60カ月に延長されます。

爺なので、マイルの有効期限を5年間に延長しても、体調を崩したりと利用されるからが減るからなのでしょうが。

JALグループ(JALパック)の国内・海外ツアーが最大5%OFFや国内線特典航空券「マイルフライト」での搭乗でも、通常はマイルはもらえないのですが、爺なら最大4,000マイルプレゼント。

イオンシネマのチケット窓口でのカード提示で、映画1本1,100円(税込)などお得な特典が多数ありました。

父も含め、周りの人の寿命は65~75歳。


なので爺カードなのかと思ってしまいます。

これが婆カード(B・B)なら、長生きするので。

私の母も健在。

母方5人も、叔父で生きているのは1名(91歳)のみで、叔母は4名健在、無くなったのは名(昨年)だけです。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


人生一寸先は闇、節約出来ることは贅沢で、節約出来ない人が多いのです。

  •  投稿日:2016-06-02
  •  カテゴリ:定年後
節約は贅沢?本当にお金に困ったら節約なんて出来ないそうです。

節約ができること事態が贅沢なことなのだと言われてしまいました。

固定費の節約、食材の節約、欲しいものも我慢しての節約をしいるのですが、これは節約ではなく笑い事だと言われてしまいました。

本当にお金に困っている人から見ると、節約なんてありえないことなのです。

定年して一人暮らしの知り合い(お金に困っているらしいです)と、たまたま話をしたのですが、私も娘の学費に困り、節約して切り詰めてなんとかやっていると話をしたら、笑われてしまいました。

それはまだ、お金に困っていない証拠、贅沢だよね~、本当にお金に困っあら、節約なんて出来ないよとのことなのです。

と言われてしまったのです。

節約ができることういことは、それだけ無駄があり、贅沢していたからじゃないの~とのことなのですね。

本当にお金に困る暮らしをしていたら、節約しようにも節約できるものは何もないとのことなのです。

そう言われてみると、そうなのか~と考えてしまいました。

高齢の生活保護世帯

新聞でも連日生活苦で保護を受けている方の記事が出ています。

昨日は、このような人を騙してお金儲けをする悪業者が逮捕さらた事件も。

私の知り合いは、仕事上で付き合いのあった方。

60歳で定年し、退職金で住宅ローンを繰り上げ返済。

年金でほそぼそと生活。

さらに新しい就職口をなんて話していた方です。

それは、数年ぶりに偶然会い話を聞くと、60歳定年で退職金で住宅ローンを繰り上げ返済。

残った退職金どころか住んでいたマンションは売却したそうです。

その原因は熟年離婚。

退職と同時に離婚となり、大学生だったお子さんの養育費や慰謝料でマンションを売却。

一文無しになったとの話でした。

マンション売却のお金は、離婚でも全額慰謝料にはならないと思うのですが、私にはそう行っていました。

さらに、60歳過ぎだと再就職先見つからないとのこと。

その方は、いろんな資格を漏っていたので安易にすぐに再就職先が見つかると考えていたそうですが、コネがない限り再就職は出来ないと考えたほうが良いと言われました。

年金や預金があり生活には問題なく、小遣い稼ぎくらいの安月給なら、就職先はあるとのことでした。

私の場合も子供は娘、将来は夫婦だけでの生活になります。

慰謝料とかの問題は無いと思います。

その知り合いの方は、酒乱で仕事上のお付き合いがあるときも、家庭生活では問題があるのではと思っていた方ですから。

この様に、本当にお金に困った状況の方は、節約どころではないのですね。

100円あったら、今日の夕食。

電気代も、夜は電気をつけないとか、話を聞くとレベル違いすぎ。

そのかたは、一応働いでいて生活保護は受けていなとのことでしたが、生活保護を受けたほうが良いのか考えていると行っていました。

高齢で身寄りの無い一人暮らしになってしまったのですから。

このような方の話を聞くと、節約を考え頑張っている私は、まだまともな生活を遅れているのだと実感しました。

↓こちらの記事も、よく読まれています。↓

↓辛い環境での頑張りや、参考になる情報が多数あります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

↓ここまで悲惨な状況の方がいるとは驚きです↓



 カテゴリ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます