大学のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:大学

大学のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2017-08-31学費
教育費の無償化の一環として、大学の授業料を国がいったん負担し、卒業後に所得に応じて返済してもらう「出世払い」の導入案の検討を9月から始めるとのニュースです。これは嬉しいニュースです。私の回り若い子に話を聞くと、奨学金を借りている方が多数います。400万円程度の借金が平均です。大手企業に就職できればこの返済は問題ないのですが、就職でつまずき借金を返済できない方が多く社会問題となっているのが現実。このニュ...

記事を読む

2016-02-01未分類
今の日本は、子供の将来は親の経済力で決まってしまうのです。これはベネッセが調査したデータです。世帯所得の増加とともに子供の学力が上昇しているのです。年収700万円未満の家庭の子供は平均は40点前後なのですが、年収1000万円以上だと65点を超えます。この様に、金銭的に余裕のある家庭の子どもほど高学力であることが、証明されています。同様な調査は、お茶の水大学教育学部でも行われており、結果は同様で、年収500万円未...

記事を読む

年収が低い場合は返済免除、大学の授業料の出世払いを政府が検討!

  •  投稿日:2017-08-31
  •  カテゴリ:学費

教育費の無償化の一環として、大学の授業料を国がいったん負担し、卒業後に所得に応じて返済してもらう「出世払い」の導入案の検討を9月から始めるとのニュースです。


これは嬉しいニュースです。

私の回り若い子に話を聞くと、奨学金を借りている方が多数います。

400万円程度の借金が平均です。

大手企業に就職できればこの返済は問題ないのですが、就職でつまずき借金を返済できない方が多く社会問題となっているのが現実。

このニュースでは、安倍政権が新たな目玉政策に据える「人づくり革命」の具体策の軸となる返済が不要な給付型奨学金制度の拡充案との事。

大学の授業料が出世払い、「教育国債」で政府が新構想!

安倍政権の目玉政策とのことで信用出来ないですね。

民主党が政権を取った時も子ども手当の充実。

この内容で民主党に投票しましたが、実現しませんでした。

今回の出世払いのは、在学中は政府が大学に授業料分を全額補助し、卒業後に給料から天引きで徴収するオーストラリアの高等教育拠出金制度「HECS(ヘックス)」が見本。

オーストラリアのヘックスは、年収が基準未満の人は返済を免除されます。

就職に失敗した場合は返済を免除されるので、安心して借りられる仕組み。

現在の給付型奨学金は、低所得世帯の成績優秀な学生を支援する新制度。

条件が厳しく、一般家庭でそれなりの成績では、有利子の奨学金での借金生活となってしまいます。

この状況では、相変わらず負のスパイラルが続きます。

単に成績だけでの判断ではなく、やる気のある子を支援するシステムに変えてほしいですね。

我が家のやり気のない過保護のたちは対象外となりますが。

大学授業料、出世払いで 「教育国債」で政府が新構想

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


娘の将来を思うと暗くなってしまいます。これはデータで実証されているのです。

  •  投稿日:2016-02-01
  •  カテゴリ:未分類

今の日本は、子供の将来は親の経済力で決まってしまうのです。


これはベネッセが調査したデータです。

世帯所得の増加とともに子供の学力が上昇しているのです。

所得の増加とともに学力も上昇

年収700万円未満の家庭の子供は平均は40点前後なのですが、年収1000万円以上だと65点を超えます。

この様に、金銭的に余裕のある家庭の子どもほど高学力であることが、証明されています。

同様な調査は、お茶の水大学教育学部でも行われており、結果は同様で、年収500万円未満の家庭の子供の平均点が42点なのに対し、年収1,000万円以上の家庭の子供の平均点は66点なのです。

日本人の生活環境は、負のスパイラルなのです。


トンビがタカを生むような事があれば、負のスパイラルから脱出できます。

でしが、普通の場合は、上記データで証明されている様に子供の将来は親の経済力次第。

現実はこういう事なのでしょうね。

金銭的に余裕のある方の子供は、私立中学~私立高校へ、塾にも通い、名門大学へ。

そして大手企業に就職し、高収入。

ところが金銭的に余裕がないと、小学校~中学校と公立校に通い高校受験。

塾に行っていれば、これでも問題ないのですが、今は塾に行かないと難関校進学は厳しい時代。

公立高校に絞っての受験だと、絶対に受かるレベルに下げての受験となり、ランクの高い公立高校は無理。

経済力のない家庭の子供は、借金を背負っての社会人スタートなのです。


それでも頑張って、国公立大学に行ければいいのですが。

大学は、国公立でも授業料は高額で、親に余裕がない場合は、学資金を借りての進学。

働きだすと、その借金返済が始まるのです。

また、大学に行なくても何かやりたい事を見つけ、うまくいったら負のスパイラルからの脱出が可能です。

美容師になり、人気が出て独立するとかですね。

でも美容師になるにも。専門学校へ行く必要があり、学費は2年で260万円くらい。

専門学校にも行かないで、高卒での就職だと、高収入がもらえる職業へのステップアップは厳しいのが現状。

なので、子供の将来は、子供の頑張り以上に、親のお金次第、成績と親の経済力が比例するのですから。

子供の将来を考えると悲しくなりますね。

ロトくじの購入がネット解禁に!200円で一攫千金!


 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます