受験のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:受験

受験のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-01-15学費
これは私立高校の話で4年制の大学に行くのが当たり前、短大や専門学校進学は否定されてしまいます。高校を卒業しての就職もあるとは思うのですが、それは話にすら出てきません。2017年08月のデータを見ても、現役の4年制大学進学率は過去最高。本当に全てに人が大学に行く必要があるのかが疑問です。将棋の世界では、中学生の藤井聡太 四段。 彼の場合は大学ではなく、高校進学。高校への進学の場合は、日常生活を含めての基本的知...

記事を読む

2018-01-06学費
この冬休み、娘は美大予備校の冬期講習に行っています。これに行って、また深刻な問題が!美大予備校などに行かなくても、私が出した課題をこなせば合格は可能かと思い、冬休みに入ってすぐに東急ハンズに材料を買いに行きました。絵を描く課題ではなく、ある物のコンセプト(どのような方にどのような思いで使ってもらうか)を考え、それを実際に作る課題です。物を作るには、実際にデザインした形に加工できるかなど、現実的な課...

記事を読む

2017-12-30学費
娘の大学受験問題を真剣に考え、いろいろ親としてできることを努力してきたのですが、諦めた方がいいのではと考えています。それは、娘が受験対策をやってくれないからです。美大を志望しているので、金銭的な問題もあります。美大は一般の大学より高額で、就職の問題もあります。ですが、私が企画の仕事をやっていることもあり、美大進学も美大を卒業しての就職活動もアドバイスをすることが出来ます。大手企業ではなく、単にデザ...

記事を読む

2017-12-12生活
これは、一難去ってまた一難と言った状況で、娘の話です。我が家には娘が二人、普段は仲良しなのですが、最悪の状況になってしまいました。それは美大予備校の話を聞きに次女と出かけたことが原因です。美大予備校といえば、池袋にあるすいどーばた美術学院 、初台にある新宿美術学院、御茶の水にある御茶の水美術学院 (OCHABI)。個人的な評価は、芸大を目指すならすいどーばた。高校の同級生もすいどーばたに通い現役で芸大に合...

記事を読む

2017-12-06学費
我が家の娘は、受験しようと思っている大学の方の話より、友達や学校の先生に言われたことを重視しているのですから困っています。進学校に行っている次女は、実際に絵を描く仕事ではなく、企画の仕事がしたいとの事なので、第一志望は武蔵野美術大学。個人的には、2019年に開設されるクリエイティブ・イノベーション学科が向いているのではと思いました。第二志望は女子美。美大は、芸大が東大レベルの学校。私の同級生も数人芸大...

記事を読む

今の学校教育はおかしいです、4年制の大学以外の選択肢はすべて否定されるのです。

  •  投稿日:2018-01-15
  •  カテゴリ:学費

これは私立高校の話で4年制の大学に行くのが当たり前、短大や専門学校進学は否定されてしまいます。


高校を卒業しての就職もあるとは思うのですが、それは話にすら出てきません。

2017年08月のデータを見ても、現役の4年制大学進学率は過去最高になっています。

2017年08月のデータを見ても、現役の4年制大学進学率は過去最高。

本当に全てに人が大学に行く必要があるのかが疑問です。

将棋の世界では、中学生の藤井聡太 四段。

彼の場合は大学ではなく、高校進学。

高校への進学の場合は、日常生活を含めての基本的知識を学ぶ必要があるのですが、大学は必要ないですね。

それなのに、大学進学が絶対必要と教えている高校はおかしいと思います。

過去ネットで得た情報だと、本当の天才は中卒との事。

すでに知識があるので、学校に行く必要がないのです。

それなにに、時代が変わってしまい、4年制の大学に行くのが当たり前となってしまいました。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6951307074397367"
data-ad-slot="2651100766">



娘が、この質問をしてきたのです。

なんで、大学に行かない人がいるのかと。

小説家になりたくて勉強していた子が、高校生で賞を取り作家としてデビュー出来たら大学に行く必要はないと答えると、その意味が分からない感じ。

大学に行く目的が判っていなく、言って当たり前、なんで行かないのと言った感じ。

大学進学は、大手企業に就職できるとか、就職のための準備と言うのが私の考え。

私が学生の時代は、東芝やセイコー、ホンダやタカラなど、大手企業でも高卒の優秀子を正社員として採用していました。

大学で勉強するより、その分を会社で学んだ方がスペシャリストとして成長するとの事。

これは30年以上前の話です。

今は、大手企業はすべて大卒が基本となってしまい、このことも影響しているかと思います。

これなので、娘が大学受験で厳しい現実。

個人的には、実力だけではなく出身大学で判断される今の世の中はおかしいと思います。

私が今の会社に転職した当時は、早稲田卒の新卒の子が学校名を隠していました。

○○大学に落ちて早稲田、○○に落ちてこの会社、俺なんか中卒だからと話していたのが懐かしいです。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


娘の受験問題は、さらに深刻な問題に!

  •  投稿日:2018-01-06
  •  カテゴリ:学費

この冬休み、娘は美大予備校の冬期講習に行っています。


これに行って、また深刻な問題が!

美大予備校などに行かなくても、私が出した課題をこなせば合格は可能かと思い、冬休みに入ってすぐに東急ハンズに材料を買いに行きました。

絵を描く課題ではなく、ある物のコンセプト(どのような方にどのような思いで使ってもらうか)を考え、それを実際に作る課題です。

物を作るには、実際にデザインした形に加工できるかなど、現実的な課題も多いいので、これも理解してもらおうと考えました。

これは高校生のデザイン科(女子美など)の授業内容を参考にして考えた課題なので、問題ないかと思ったのですが、難しかったようです。

アクリル板を加工して作る課題。

アクリル板を切るだけで、断念してしまった感じ。

それと比べ、長女は彫刻刀を使っての作品作りで手首を切り3針縫うような事件がありました。

今は電動彫刻刀を買ってあげたので、連日ガリガリギッチョンしています。

この二人に差は、長女はデザインの仕事に向いている感じで、ひたすら自分で作りたいのもを作っています。

絵も、いまはPC (クリップスタジオ)を独学で覚え、プロ並みの絵をかいています。

プロ並みと言っても、オリジナルキャラクターではないので、まだまだ絵の上手い学生レベルですが。

これと比べ、次女は絵を描きたいという気持ちが感じられず、美大進学のためだけになっています。

美大予備校でも、通っている学校名で学科は問題ないと言われ、実技も発想は良いので、このまま塾に通えば合格できる可能性は高いと言われたとの事。

娘の受験問題は、さらに深刻な問題に!

これは、美大予備校の先生なら生徒を増やしたいので当たり前に言っていることだと思います。

年間で考えると、高校の学費より高額なのですから。

これを聞いて、俺塾の課題より、美大予備校に行った方が可能性が高いからと言っている娘。

この時点で合格は無理。

デザインの世界を分かっていないのです。

ガリガリギッチョンしている長女なら、美大の実技試験は問題ないかと思うのですが、こちらは学科試験に問題があり、4大は不可能かと思います。

本人もそれが分かっているので、4大ではなく短大志望。

長女は自分の事を分かっているので心配はないのですが、今のままでは次女の美大受験は厳しいかと思います。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


娘の大学受験、これでは無理でやはり就職?

  •  投稿日:2017-12-30
  •  カテゴリ:学費

娘の大学受験問題を真剣に考え、いろいろ親としてできることを努力してきたのですが、諦めた方がいいのではと考えています。


それは、娘が受験対策をやってくれないからです。

美大を志望しているので、金銭的な問題もあります。

美大は一般の大学より高額で、就職の問題もあります。

ですが、私が企画の仕事をやっていることもあり、美大進学も美大を卒業しての就職活動もアドバイスをすることが出来ます。

娘の大学受験、これでは無理でやはり就職?

大手企業ではなく、単にデザインの仕事をやりたいというのなら、就職先を紹介することも可能です。

私が以前勤めていた会社(当時の同僚が社長)や起業して成功している先輩の会社などです。

ですが、あまりにレベルが低い場合はそれも不可能。

美大を目指すのなら俺塾で塾代節約!と考えたのが今年の7月。


毎日1枚は必ずデッサンをすること(10分でもOK)など課題を出しましたが、全くできていません。

美大の説明会や、画塾の先生にも聞いて考えた俺塾です。

何のためにデザインしたいのか。

どう工夫したのかなどの考えをまとめ、冬休み中に作品を完成させることを目標にしていましたが、現状は何もやっていません。

休みに入ったので、お友達と遊びに行き、受験対策など頭にない感じ。

塾に行けば何とかなると考えているようです。

塾は、俺塾では出来ない受験対策のアドバイスをと思っていたのですが。

この状態なので、俺塾は機能しなく、正当な受験では受かる可能性はありません。

俺塾は、デッサン力などが劣っていても、青田買いで入学できる推薦入試対策。

この状況なので、今年度が終了するまでに課題が出来ていない場合は、画塾だけではなく美大進学を諦めてもらうつもりです。

現状では受かると思えないので。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


家庭が気まずい状況に、差別なんてしていないのに、わかってもらえません!

  •  投稿日:2017-12-12
  •  カテゴリ:生活

これは、一難去ってまた一難と言った状況で、娘の話です。


我が家には娘が二人、普段は仲良しなのですが、最悪の状況になってしまいました。

それは美大予備校の話を聞きに次女と出かけたことが原因です。

美大予備校といえば、池袋にあるすいどーばた美術学院 、初台にある新宿美術学院、御茶の水にある御茶の水美術学院 (OCHABI)。

個人的な評価は、芸大を目指すならすいどーばた。

高校の同級生もすいどーばたに通い現役で芸大に合格しています。

また、グラフィックならOCHABIの評価が高いです。

多摩美や武蔵美のグラフィック系の学部を目指すならですね。

美大を目指すなら画塾に通いデッサン力を上げるといった旧イメージが浸透しているようで、娘の進学相談会で苦労しています。

何が苦労なのかは、学校の進学相談会が平日で私が行けないから。

娘と妻が聞いてくるので、毎回学校でこう言われたからと言い合いになってしまいます。

家庭が気まずい状況に、差別なんてしていないのに、わかってもらえません!

今回は次女の進学問題で、次女と一緒に美大予備校に説明を聞きに行きました。

上記3大美大予備校のうち2校の説明は聞いて、夏季講習に行っています。

講習に行く前に、2校の体験授業を受けてからです。

美大と言うだけで同じに見られがちですが、目指す学部により状況は大きく違います。

ネットで調べると、見落としていた美大予備校が娘の志望する学部に向けた授業があるので、その話を聞きに行きました。

資料なども見せてもらい、俺塾だけで名はく、美大予備校に通う必要性を感じました。

俺塾では思っていたのですが、優しいと思う課題でも、美大を卒業した方程度のレベルだったことが分かりました。

大学が求める生徒のイメージをつかまないと、俺塾は通用しないと思ったのです。

これで次女の受験問題は一歩前進と思ったら、長女が気に入らない様子。

長女は、大学進学を希望していなく専門学校と言っていたのですが、専門学校ではなく短大志望と書いて学校の面談に。

学校で言われたのは、短大志望ではもったいないとの事。

美術の授業で始めて描いた油絵を見て、美術の先生に美大を目指した方がいいとか言われていたからです。

進学相談会では、画塾に行っていないのにこのレベルなら4大を目指すべきだと言われてしまいました。

親としては金銭的問題があります。

この様なことを言われ、短大志望だった長女が、次女ばかりお金を使って、私には短大を進めるとか話がこじれてしまいました。

次女はお金のことを理解しています。

親が出せる金額には限界があり、多額の奨学金を借りる必要がある事。

長女はこれが分かっていません。

それなので、次女は4大に行かせてもらい、私はお金がないから短大とか言ってくるのです。

ちょっと待って?

短大でも全額払う事は無理。

あなたも短大に行きくなら借金が必要と言いたかったのですが、それは感情が落ち着いてからにします。

この様に、娘二人なのでなんでも平等にしないと文句を言ってくるのが困った問題です。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓


 カテゴリ
 タグ


進路について、娘と真剣に話し合いました。

  •  投稿日:2017-12-06
  •  カテゴリ:学費

我が家の娘は、受験しようと思っている大学の方の話より、友達や学校の先生に言われたことを重視しているのですから困っています。


進学校に行っている次女は、実際に絵を描く仕事ではなく、企画の仕事がしたいとの事なので、第一志望は武蔵野美術大学。

個人的には、2019年に開設されるクリエイティブ・イノベーション学科が向いているのではと思いました。

第二志望は女子美。

美大は、芸大が東大レベルの学校。

私の同級生も数人芸大に行っていますが、就職することはなく陶芸家や画家になっています。

なので、芸大は対象外。

それ以外だと、美大は通称「5美大」があります。

多摩美術大学・女子美術大学・東京造形大学・日本大学藝術学部・武蔵野美術大学です。

美大は通称「5美大」があります。 

グラフィックデザインなら、オリンピックのエンブレム問題がありましたが佐野研二郎さんが教授を務める多摩美術大学。

カメラマンになりたいのなら日本大学藝術学部など、大学ごとの強みがあります。

それ以外の大学は、行っても意味が無いと言われていますがそれは本当のこと。

これは東京の話で、地方の大学は別ですが。

また、都内で美大ではなく専門学校に行くのなら、上記5美大と同等なのが、桑沢デザイン研究所。

桑沢デザイン研究所は、日本を代表する浅葉克己さんの出身校で、東京造形大学を経営しているのも桑沢デザイン研究所です。

長女の場合は、実際に絵を描く仕事をしたいとのことなので、第一志望は女子美短大。

何で短大かと思われるでしょうが、企画の仕事と絵を描く仕事は別なので、絵を書きたいのなら、女子美短大がダントツの就職率。

サンリオなど大手が多数あるのです。

第二志望は桑沢デザイン研究所ですね。

桑沢デザイン研究所は、美大以上にハードな授業内容。

即戦力になるデザイナーを育てる学校でで、三年教育です。

長女は、すでに多数の作品(イラスト)があるので、第一志望の女子美短大は問題ないかと思います。

それに対し、進学校に行っている次女は厳しい感じ。

大学の進学説明会に行き聞いた話では、娘が志望している学科は、デッサンなどの絵を描く力ではなく、発想など考え方を重視しているとのこと。

それなので、公募制推薦入学試験ではデッサンなどの実技は廃止され、ポートフォリオと面接だけなのです。

ポートフォリオなら、オレ塾で楽勝かと思ったのですが?

夏に与えた課題は今だ何も出来ていません。

ポートフォリオは、美大生が就職活動用に作ってたものを見ていて、それならと思ったのですが、レベルが高すぎたようです。

それなので、オレ塾でのポートフォリオ制作は厳しい状態。

美大予備校を知られると、この様なポートフォリオ制作対応クラスも有リました。

週一回、日曜日だけのクラス。

娘との約束は、今現在は期末試験直線なので試験が終わってから。

Ⅰ日分でも良いので、毎日デッサンをすること。

2年生の間、1月から3月まで自分で課題を決めて、ポートフォリオ制作にむけた作品を作ること。

これが出来たら、本格的に受験対策。

これが出来なけべば、美大は諦めることとなりました。

学科は進学校なのでAレベルで問題ありません。

今ならMARCHクラスの大学受検への変更も可能なのですが。

もう後には引けない感じです。

↓ポチッ としていただけると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます