働き方法案が可決され、会社で緊急説明会がありました。


この働き方法案の詳細は理解できていませんが、緊急説明会の話だと、遂に中小企業までが対象。

川上から川下と言った感じです。

企業から仕事を受注。

それを社内でまとめ、実際の作業は他社に発注しています。

川上の、私が勤めている会社は、残業などが厳しくなり様々なルールが適用されました。

これが川下にも適用されることになるのです。

法的には来年の4月から。

その内容は、深夜残業や、休日出勤をともなうようなスケジュールの業務発注は基本的に禁止。

今間では、仕事発注で契約書な度はなかったのですが、業務発注時にスケジュールを含め契約が必要な感じです。

これに反すると、法的な問題になるようです。

緊急事態が起きても、明日の朝までにとは仕事が頼めないとの事。

これは二人以上の企業が対象で、個人は対象外。

この様な内容なので、様々な問題が起きると思います。

法的な問題では、個人保護法が施行され、会社でも社員の住所録などの配布ななくなりました。

これが始まり、お歳暮やお中元の数も激減。

とは言いつつも、お歳暮やお中元をもらっても面倒なので、取引先に住所を聞かれても教えないことにしています。

今は、個人的な知り合い(先輩が経営する会社)からだけ。

バブル期は、若手社員でもお歳暮やお中元は大量に届きました。

会社としても、お歳暮やお中元はもらわない様にとのスタンスです。

バブル期は、若手社員でもお歳暮やお中元は大量に届きました。

悪い事を考えている上司は、取引策の事を把握したいと、出入り業者全てと面談。

誰が見ても、お歳暮やお中元をを要求している感じ。

この様なおバカな方は一掃され、今は力のある方だけが残った感じです。

年功序列もなくなり、今は実力勝負。

50代で、なんとかギリギリ現役第一線にしがみついています。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ